ウェブ会議 マーケ・営業 セールスフォース・ドットコム

リモートワークも定着--地域の事業者の現状とIT活用の可能性

全国に新型コロナウイルス感染症の影響が表れているが、各地域の実態はどうなっているのだろうか。セールスフォースで広域営業本部長を務める伊藤氏が実情を解説する。

 第1回第2回では中小企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)をテーマにしましたが、第3回と第4回は、地域の事業者が抱える課題とIT活用を取り上げます。

 筆者が担当する広域営業本部は、東京、大阪以外の日本全国の地域の事業者を対象にSalesforceのソリューションを届けることをミッションにしています。筆者が所属する部署は日本のほぼ真ん中に位置する名古屋を拠点としており、北は北海道、南は沖縄まで全国各地の顧客や導入を検討している方に、サポートや提案を行っています。

 セールスフォース・ドットコム(セールスフォース)としては4~5年前から地域の事業者のDX支援に取り組み始めていますが、筆者が着任したのは2020年2月です。地域の事業者の支援を強化し始めたこのタイミングは、ちょうど新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、働き方が変わり始めた時期でもありました。

 これまでのセールスフォースの地域での営業活動を通して感じたことに加えて、コロナ禍での変化も踏まえて、地域の事業者が今後成長していくために必要な考え方を解説します。

地域の事業者が直面する課題

 広域営業本部として数多くの地域の事業者を訪問し、経営者の方々から状況をうかがう中で感じることの一つは、東京などの都市部との情報量の違いです。オンラインや書籍などを通じて最新情報を収集している場合もありますが、日々の業務に追われる中で自発的に必要十分な情報収集まで至っていないケースも見られます。

 コロナ前であれば、首都圏で頻繁に開催されるイベントやセミナーなどの機会に最新情報に触れることができました。参加者や経営者同士の交流会などを通して、他社がどのようにDXを推進しているか、働き方や組織を変革しているか、といった話をダイレクトに聞いて、刺激を受けることも多くあります。周囲の変革を感じるので、自社も出遅れてはならないとDXへのモチベーションが高まるのです。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1755文字 ログインして続きを読んでください。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]