開発ツール

MSの「Project Nucleus」--ウェブアプリを高速化する新たな技術

マイクロソフトの「Project Nucleus」は、ウェブアプリのパフォーマンスと信頼性の向上を目指す取り組みだ。「SharePoint」「OneDrive」「Fluid Framework」などの関連技術とあわせて解説する。

 Microsoftが長年にわたってさまざまな点を改善してきたにもかかわらず、多くの人は今なお「SharePoint」がかなり古くさいコンテンツストレージシステムだと考えている。「OneDrive」の堅苦しいマネージド版にワークフローエンジンを追加したようなもの、というのが大半の人の印象だ。しかし、「Microsoft 365」担当コーポレートバイスプレジデントのJeff Teper氏がよく指摘するように、SharePointはアプリケーションでもあり、プラットフォームでもある。ワークフローと承認機能を含むアプリをSharePoint上で構築できるほか、「SharePoint Framework」を使ってイントラネットサイトを構築することも可能だ(SharePoint Frameworkは「React」や「Angular」など、あらゆる「JavaScript」フレームワークと連携するJavaScriptコントロールで、「SPFx」とも表記される)。

 OneDriveにはSharePointの技術が活用されているし、新しい「Microsoft Lists」アプリケーションは実際には内部で「SharePoint Graph API」を使用している。「Microsoft Teams」は多くの点で、SharePointリソースに簡単にアクセスできる手段だ。Teamsの共有ファイルはSharePoint上に存在し、プライベートチャットはSharePointのサイトコレクションとして実装されている。Microsoftが2020年に入ってオープンソース化した「Fluid Framework」は、Microsoft 365担当ゼネラルマネージャーであるSeth Patton氏が「AIが組み込まれた超高速かつ高性能のクラウドプラットフォーム」と呼ぶ環境で、共同作業用の分散アプリケーションを作成することでき、実際には「強化されたSharePointファイルストレージの非常に重要な進歩」がベースになっている。

 Teper氏は、FluidをREST APIの進化であると考えるように提案した。「Fluidはアプリケーションのあらゆる種類のバックエンドの開発を可能にするレイヤーであり、それによってさまざまなフロントエンド(ユーザー体験)に対応できる、とわれわれは考えている。現時点ではリアルタイムでない多数の基幹業務アプリケーションがリアルタイムに、そして楽しくインタラクティブなものになり、コンポーネントをストレージシステムに、すなわちアプリ自体のビジネスプロセスバックエンドに公開することを期待している」

 Microsoft自身がFluidのバックエンドを最初に実装した事例は、新しいOneDriveコンシューマーサービスでのSharePointだが、同社がオープンソース化したのはFluidのプロトコルとデータ構造、そして開発者がSharePointだけでなく独自のバックエンドサービスに接続できる共同作業用のコンポーネントだ。

 「Fluidのきっかけとなったのは、ドキュメントの共同編集に関して行ってきた他のすべてのことをどうすれば飛躍的に進化させられるか、ということだった。具体的には、カーネルモードで動作する『Azure Blob Storage』上に階層化されたSharePointに、新しいストレージシステムを配置して、プロトコル内のFluidデータ構造をオン(ストレージ)ディスクとSharePointにネイティブにマッピングし、驚異的な速度を実現した」とTeper氏は語る。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3769文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]