コンテナ

「Kubernetes」の基本--注目を集めるコンテナーオーケストレーションツール

「Kubernetes」はオープンソースのコンテナーオーケストレーションシステムだ。ここでは、Kubernetesの概要をできる限り簡単な言葉で説明する。

 IT分野に身を置いている人なら、「Kubernetes」について聞いたことがあるだろう。特に、大企業に勤めている人は知っているはずだ。しかし、Kubernetesの影響から逃れてきた人は、具体的にどのようなテクノロジーなのか疑問に思っているかもしれない。本記事では、Kubernetesについて可能な限り簡潔に説明してみたいと思う。

 Kubernetesを理解するためにまず知っておかなければならないのは、コンテナーは動作に必要なものをすべて含む分散アプリケーションである、ということだ。コンテナーはOSやハードウェアに依存せず、多数のリポジトリーから取得可能なイメージ(公式の「NGINX」イメージなど)に基づいて展開される。

 この点を理解したところで、Kubernetes自体の説明に移ろう。Kubernetesは、ポータブルで拡張性のあるオープンソースのコンテナーオーケストレーションシステムだ。コンテナーをスケーラブルなクラスターに展開できるだけでなく、コンテナー化されたアプリケーションのオーケストレーションを(他のツールを追加することで)完全に自動化することもできる。

 Kubernetesは元々、Googleによって開発されたが、現在はCloud Native Computing Foundationによって管理されている。展開できる単一のNGINXコンテナーと同様に、そのコンテナーを大規模にスケーリングされるサービスに変換することで、自動的に展開、更新、スケールアップ、スケールダウンなどを実行可能だ。

 Kubernetesはオンプレミスのデータセンターにインストールすることもできるし、Amazon Web Services、Google Cloud Platform、Microsoft Azureなど、さまざまなサードパーティーホストから実行することもできる。Kubernetesにより、企業の俊敏性が大幅に向上するとともに、アプリケーションとサービスの展開や管理が格段に容易になる。

 ただし、Kubernetesは「Docker」コンテナーのようなものがなければ成立しない、という点を覚えておくことが重要だ。したがって、コンテナーの展開についてしっかりと理解したうえで、Kubernetesの使用を開始する必要がある。

提供:iStockphoto/123dartist
提供:iStockphoto/123dartist

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「コンテナ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]