開発ツール

モバイルアプリ開発者が学ぶべきプログラミング言語5選--多数のOSに対応可能な言語

モバイルアプリ開発に有用な言語を5つ紹介する。いずれも多数のOSをサポートするアプリや、ソフトウェア、ハードウェアに依存しないウェブベースアプリの開発に適した言語だ。

 以前も書いたように、私はプログラミングやアプリ開発が好きではない。あまり得意な作業ではないが、適切に記述されたアプリケーションによって達成できることには心から畏敬の念を抱いている。特に、ネットワークやクラウドがベースのテクノロジーを活用して、機能強化やレポート機能を提供し、なおかつクロスプラットフォームに対応するアプリケーションは崇敬の対象だ。

 私の同僚の中には、常にこの能力を発揮して、プログラムのAPIを活用することでモバイルアプリに実装できる便利なダッシュボードを作成し、多数のシステムやサイト全体をスマートフォンから監視できるようにしている人たちがいる。こうした機能には、潜在的な問題をリアルタイムで警告する統合プッシュ通知がある。これらすべては自らの手で、ソフトウェア開発ツールとコーディングに関する多少のノウハウを活用して作成することができる。

 私の同僚たちと同様のスキルを持っている人や、そうしたスキルを習得したい人のために、モバイルアプリ開発者が学ぶべき5つのプログラミング言語をまとめた。これらの言語によって、特定のOSとハードウェアタイプでネイティブに動作する現代的なアプリケーションを作成可能だ。あるいは、ウェブベースのアプリとして作成し、ウェブサーバーからホストして、サポート対象のブラウザーで実行できるようにすることで、ソフトウェアやハードウェアに依存しないアプリにすることもできる。

「Java」

 Javaはその誕生以来、Googleの「Android」プラットフォームを中心としたモバイルアプリ開発の定番言語だった。非常に人気の高いプログラミング言語であり、クロスプラットフォームのサポートが可能で、複数のOSとハードウェアタイプ向けにアプリを作成する際に移植が容易だ。Javaアプリケーションは「一度書けばどこでも動く」(Write once, run anywhere:WORA)という格言がある。これは、JavaのコードがあらゆるJava対応デバイスにおいて、変更しなくても同じように実行できると考えられているからだ。Javaは比較的古いプログラミング言語の1つだが、ここで述べた理由により、特にモバイル分野において時の試練に耐えてきた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1380文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]