マーケティングオートメーション ERP

セールスフォース「Revenue Cloud」--収益ライフサイクルの追跡を支援

Salesforceは先ごろ、「Revenue Cloud」を発表した。これは、収益サイクルの全体像を企業に示して、新しい収益の流れを生み出せるように設計された新しいクラウド製品だ。

Salesforce Revenue Cloudダッシュボード。提供:Salesforce
提供:Salesforce

 Salesforceは先ごろ、「Revenue Cloud」を発表した。これは、収益サイクルの全体像を企業に示して、新しい収益の流れを生み出せるように設計された新しいクラウド製品だ。

 Salesforceはブログ投稿で、「われわれは、失われた収益のギャップを埋めたり、好調な事業分野への取り組みを強化したりすることで、企業が成長を加速させるのを支援している」と述べた。「顧客の取引やビジネスモデル、収益プロセスがどれだけ複雑なものであっても、Revenue Cloudは顧客のトランザクションデータに関する単一の正しい情報源になり得る」(同社)

 Revenue Cloudは「Salesforce Customer 360 Platform」の一部であり、同社の「Salesforce CPQ」や「Salesforce Billing」Partner Relationship Management」(PRM)、「B2B Commerce」といった既存製品の機能群を組み合わせた製品だ。「Multi-Cloud Billing」や「Customer Asset Lifecycle Management」「CPQ-B2B Commerce connector」など、いくつかの新しいソリューションも含まれている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約914文字 ログインして続きを読んでください。

「マーケティングオートメーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]