ERP CRM

「Dynamics 365」入門--MSのERP/CRM統合アプリケーションスイート

「Microsoft Dynamics 365」は、ERPおよびCRMアプリケーションのスイートだ。利用企業は必要なアプリを選択でき、自社のさまざまなデータを統合して管理し、事業運営の効率化を図ることができる。

 ビジネスの管理は、すべてが順調に進んでいるときでも、さまざまな未確定要素、データフロー、分析、人が関わってくるため、困難で時間のかかる取り組みであり、全体的な成功において極めて重要だ。企業が一定の規模になると、運用管理の自動化と簡素化に有効なシステムを導入しなければならない。現在、「Microsoft Dynamics 365」のようなクラウドベースの統合基幹業務システム(ERP)や顧客関係管理システム(CRM)を採用する企業が増加している。

 簡潔に説明すると、Microsoft Dynamics 365はERPおよびCRMアプリケーションのスイートだ。通常の業務の過程で生成される運用データを、同スイートの各モジュールを使用して制御、処理、分析することで、意思決定者は適切で実用的な情報を必要なときに利用することができる。それぞれの企業が自社のニーズに合ったモジュールを選択するため、Microsoft Dynamics 365やあらゆるツールには、多種多様な企業に対応できる柔軟性が求められる。

どんなものなのか

 Dynamics 365は、Microsoftのエンタープライズレベルのインテリジェントなビジネス関連アプリケーションスイートの総称だ。Dynamics 365のERPソリューションには、財務、会計、運用のソフトウェアが含まれている。CRMソリューションに含まれるのは、営業、マーケティング、顧客サービスのソフトウェアだ。Dynamics 365のすべてのソフトウェアは、「Microsoft 365」の生産性アプリスイートと連携できるように設計されており、すべてのアプリがクラウドテクノロジーを利用する。

なぜ重要なのか

 従業員数や商取引の量が一定の規模に達した企業では、多くの場合、あらゆる部門、部署、事業所にわたってすべての管理ソフトウェアを統合することで、効率性が大幅に向上する。Microsoft Dynamicsでは、そうした統合管理ソフトウェアのスイートがクラウド上で提供され、必要に応じてアプリケーションモジュールの追加や削除ができ、すべてのユーザーがあらゆる場所からアクセスできるようにすることができる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4313文字 ログインして続きを読んでください。

「ERP」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]