DWH 日本テラデータ

データの重要性高まるも、正確性に懸念--テラデータ、自社の優位性を強調

DWH大手米Teradataトップは「あらゆるデータをすべて統合することで、真に統合されたデータ解析を実現できる。単一のデータマートやデータグループをクラウドに移行させても、統合していないデータを分析しているにすぎない」と自社の優位性を強調した。

 データウェアハウス(DWH)大手の日本テラデータは11月18日、記者会見を開催。クラウドファーストを標榜した事業戦略と同社のデータ分析基盤である「Teradata Vantage」の長所を解説した。

Teradata プレジデント兼CEO Steve McMillan氏
Teradata プレジデント兼CEO Steve McMillan氏

 OracleやF5 Networksを経て、米国時間6月8日に米本社Teradata プレジデント兼最高経営責任者(CEO)にSteve McMillan氏が就任した。クラウドシフト化するデータ分析基盤についてMcMillan氏は、「あらゆるデータをすべて統合することで、真に統合されたデータ解析を実現できる。単一のデータマートやデータグループをクラウドに移行させても、統合していないデータを分析しているにすぎない」とデータ基盤の重要性を強調する。

 Teradata VantageはAmazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureに続いて、10月からGoogle Cloud Platform(GCP)に対応した。

データの正確性に懸念

 Teradataが9月に米国、英国、フランス、ドイツ、中国、日本のIT意思決定者やビジネスリーダーを対象にしたデータ分析に関する意識調査によれば、88%の企業がコロナ禍でデータの重要性が高まったと回答している。IT意思決定者の77%はデータの正確性が精査されるようになったと回答。中国(93%)、ドイツ(80%)、米国と日本(77%)の順でデータの正確性に懸念を抱いていることが分かった。

 また、ビジネスリーダーの53%がデータの誤用から生じるデータ全体への不信感を覚えているが、米国(60%)、日本(56%)、英国(28%)と見解が大きく異なる。ビジネスリーダーの47%はコロナ禍におけるクラウド利用の必要性を感じており、日本は平均を若干上回る50%だった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1152文字 ログインして続きを読んでください。

「DWH」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]