DWH 日本テラデータ

データの重要性高まるも、正確性に懸念--テラデータ、自社の優位性を強調

DWH大手米Teradataトップは「あらゆるデータをすべて統合することで、真に統合されたデータ解析を実現できる。単一のデータマートやデータグループをクラウドに移行させても、統合していないデータを分析しているにすぎない」と自社の優位性を強調した。

 データウェアハウス(DWH)大手の日本テラデータは11月18日、記者会見を開催。クラウドファーストを標榜した事業戦略と同社のデータ分析基盤である「Teradata Vantage」の長所を解説した。

Teradata プレジデント兼CEO Steve McMillan氏
Teradata プレジデント兼CEO Steve McMillan氏

 OracleやF5 Networksを経て、米国時間6月8日に米本社Teradata プレジデント兼最高経営責任者(CEO)にSteve McMillan氏が就任した。クラウドシフト化するデータ分析基盤についてMcMillan氏は、「あらゆるデータをすべて統合することで、真に統合されたデータ解析を実現できる。単一のデータマートやデータグループをクラウドに移行させても、統合していないデータを分析しているにすぎない」とデータ基盤の重要性を強調する。

 Teradata VantageはAmazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureに続いて、10月からGoogle Cloud Platform(GCP)に対応した。

データの正確性に懸念

 Teradataが9月に米国、英国、フランス、ドイツ、中国、日本のIT意思決定者やビジネスリーダーを対象にしたデータ分析に関する意識調査によれば、88%の企業がコロナ禍でデータの重要性が高まったと回答している。IT意思決定者の77%はデータの正確性が精査されるようになったと回答。中国(93%)、ドイツ(80%)、米国と日本(77%)の順でデータの正確性に懸念を抱いていることが分かった。

 また、ビジネスリーダーの53%がデータの誤用から生じるデータ全体への不信感を覚えているが、米国(60%)、日本(56%)、英国(28%)と見解が大きく異なる。ビジネスリーダーの47%はコロナ禍におけるクラウド利用の必要性を感じており、日本は平均を若干上回る50%だった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1152文字 ログインして続きを読んでください。

「DWH」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]