PC 周辺機器 日本HP

日本HP、中堅中小向けPC新製品--AMD Ryzen搭載、テレワークパッケージも提供

日本HPは、ノートPCやデスクトップPC、ディスプレイなど14機種を発表した。中堅中小企業のテレワークを支援するため、ハードウェアなどをパッケージ化した「HP Business Boost」を12月初旬から販売する

 日本HPは11月17日、中堅中小企業向けにデザインした「HP ProBook 635 Aero G7」(HP Directplusでの税別価格9万9800円~、12月下旬から販売予定)に代表されるノートPCやデスクトップPC、オンライン会議機能を備えたディスプレイ「HP EliteOne 800 G6 AiO コラボレーションモデル」など14機種を発表した。

 中堅中小企業のテレワークを支援するため、ハードウェアなどをパッケージ化した「HP Business Boost」を12月初旬から販売する。ノートPCやディスプレイ、プリンター、ドッキングステーションに保守サービスなどをパッケージした「テレワーク全面支援パック」(同15万6200円)、デスクトップPCやブルーライド削減モード搭載ディスプレイ、プリンター、保守サービスなどをパッケージした「フル在宅勤務者向けパック」(同26万3600円)など11パッケージを一括購入に加えて、月額支払いで提供する。

日本HP 代表取締役 社長執行役員 岡隆史氏
日本HP 代表取締役 社長執行役員 岡隆史氏

 日本HP 代表取締役 社長執行役員 岡隆史氏は「パートナーとともに中堅中小企業を支援することで日本企業、ひいては日本全体を元気にする一助につなげたい」と理由を説明した。

 米HP Incが日本を含むアジア8カ国の中堅中小企業1600社(各国200社)を対象にした調査によれば、コロナ禍を受けて今後の事業にデジタル化が事業成功の鍵を握ると考える経営層の割合はインド(75%)、タイ(同)、インドネシア(74%)が上位に並ぶ。だが、日本は8カ国平均値の59%を大きく下回る34%という結果に。

 また、全体のうちデジタル化を重視する56%の企業は市場で高い成長を維持しているという。コロナ禍の現在を「事業戦略を練り直す絶好の機会」だと認識する企業の割合は全体で54%。日本全体は38%と低めだが、デジタルを重視する企業に絞り込むと、その割合は56%まで上昇する。

 さらに「自社のコロナ後の成長を確信」と認識している企業の割合は全体で53%。日本全体では26%と著しく低いものの、デジタル重視企業は38%と、やや奮わない結果だった。

 コロナ禍における企業の優先順位としては「柔軟な働き方、在宅・モバイルワーク(32%)」「革新的な商品サービス開発(29%)」「革新的な働き方、デジタルツール活用(29%)」「プロセスのデジタル化(26%)」「戦略立案事業運用への支援(25%)」「商品・サービス、市場投入の支援(25%)」といった声が聞かれた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2348文字 ログインして続きを読んでください。

「PC」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]