名刺管理 Sansan

顧客ごとに必要な機能で構成--アジャイル型営業を展開するシミックの柔軟性

医薬品の開発受託など医薬品関連ビジネスを手がけるグループ24社を率いるシミックホールディングスは、顧客ごとに必要なファンクションを取捨選択するアジャイル型組織を構築している。

 医薬品の開発受託など医薬品関連ビジネスを手がけるグループ24社を率いるシミックホールディングス(港区)は、名刺管理サービス「Sansan」を活用している。シミックホールディングス コーポレートビジネスデベロップメント部 担当部長 成田周平氏が、10月28日に開かれたオンラインイベント「Sansan Innovation Summit 2020」に登壇した。

シミックホールディングス コーポレートビジネスデベロップメント部 担当部長 成田周平氏
シミックホールディングス コーポレートビジネスデベロップメント部 担当部長 成田周平氏

 成田氏は「デジタルが可能にした横断型プロジェクト推進~Key Account Managementの構築~」と題して講演。Sansanをベースに「個別のファンクションではなく、マネージャーが顧客ごとに必要なファンクションを取捨選択するアジャイル型組織」の“Key Account Management(重点顧客管理)”を構築することで「俯瞰視点のマネジメントが可能になった」と語った。

 日本で承認される医薬品数は1年間で約120品目。その医薬品開発の8割に何らかの形で関与している同グループは、「医薬品は開発から市場販売に至るまで10~15年の期間を必要とし、サポートし続けなければならない」(成田氏)

 同グループは国内46カ所、海外16カ所のオフィスや工場、研究所を保有しているため、「長期間かつグローバル展開のなか、顧客との信頼関係強化が重要」(成田氏)であることは明白だ。

 必然的に名刺情報の統合を必要とした同グループは、それまで事業会社単位で異なるソフトウェアを用いていた名刺情報をSansanに集約。個人所有だった名刺情報を会社資産とし、現在は約120人のSansanアカウント、累計約7万枚の名刺情報を保有している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約721文字 ログインして続きを読んでください。

「名刺管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]