オフィスソフト ウェブ会議 チャット 沖電気工業

イノベーションプロセス改革を進める沖電気の「Microsoft 365」活用術

2017年7月に全社働き方改革プロジェクトを立ち上げた沖電気工業は、2020年4月に「イノベーション推進センター」を開設。そのオンライン研修に「Microsoft Teams」を活用している。

 日本マイクロソフトは11月11~13日、リモートワークや働き方改革に関心を持つ顧客向けに「お客様の取り組みに学ぶ、ニューノーマル時代リモートワーク最前線」と題したオンラインセミナーを開催。セミナーでは、沖電気工業が「OKIのイノベーションマネジメント改革とコロナ禍でのMicrosoft 365を活用した全社オンライン研修の取り組み」と題して講演した。

 沖電気工業は2017年7月に全社働き方改革プロジェクトを立ち上げ、22018年度から政府の推進する「テレワーク・デイズ」に参画。テレワークトライアル月間を設けて全社的にテレワークを推進し、2020年度には、スマート・ワークライフプロジェクトを発足させることで、新常態における新たな働き方や環境整備を推進している。

 主要事業所にサテライトオフィスを設置するとともに、外部シェアオフィスと契約、デバイスを貸与するなど環境を整備した結果、オフィスに勤務する従業員の平均71%がテレワーク制度を利用しているという(2020年度4月以降)。その間も手をこまねくことはせず、従業員同士の関係性を維持するための社内報を作成したという。

沖電気工業 理事 イノベーション推進センター OKIイノベーション塾 塾長 千村保文氏
沖電気工業 理事 イノベーション推進センター OKIイノベーション塾 塾長 千村保文氏

 同社理事 イノベーション推進センター OKIイノベーション塾 塾長 千村保文氏は「子供と過ごす時間が増えて、娘が懐いてくれたという部下や(別の記事を指しながら)ラッキョウを漬けている社員もいる。このように社員の働き方も大きく変化した」という。

 経済産業省は2019年10月に、イノベーションマネジメントシステムの国際規格「ISO 56002」を国内企業に広める行動指針を発表した。端的に述べると「企業に対して変革の実現をうながすための国際標準規格」である。

 沖電気工業は同行動指針を受けて、2020年4月に既存のイノベーション推進部と研究開発センターを統合した「イノベーション推進センター」を東京・虎ノ門に新設した。

 「われわれは(行動指針)発行前から動きを察知していたので『Yume Pro』というイノベーションプロセスに取り組んできた。すると弊社会長の川崎(同社取締役会長 川崎秀一氏)が経済産業省に招聘され、SDGs(持続可能な開発目標)に関して講演した」(千村氏)結果、全社的な変革に取り組むため、メンバー約140人の同センター設立に至っている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1366文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]