CRM SFA ディップ Sansan

利用率99.9%のCRM/SFAを開発--UX重視のディップが目指すDXへの道筋

ディップは営業部門が使うCRM/SFAをUXデザインを重視して開発。「営業マンの利用率は99.9%」となり、「使いやすいツールを使うと、営業データの収集と活用が実現」できるという。

 アルバイトの求人サイト「バイトル」を運営するディップ(港区)は、独自の顧客情報管理システム(CRM)/営業支援システム(SFA)「レコリン」で営業部門の業務効率化を実現してきたという。ディップ 商品開発本部 次世代事業統括部 dip Robotics室長 亀田重幸氏は、「現場で課題を拾い、ビジネスモデルを再整備するのがDXに至る一番の近道」と語った。

ディップ 商品開発本部 次世代事業統括部 dip Robotics室長 亀田重幸氏
ディップ 商品開発本部 次世代事業統括部 dip Robotics室長 亀田重幸氏

 亀田氏は、名刺管理サービス「Sansan」を開発、提供するSansanが10月28日に開催したオンラインイベント「Sansan Innovation Summit 2020」に「営業現場への浸透を実現した、DX(デジタルトランスフォーメーション)手法とは」と題して講演した。

 ビジネスとユーザー体験(UX)。自社顧客に対するUXの改善という文脈では広く語られているが、社内でのUXの改善は寡聞にしてあまり聞こえてこない。

 ユーザー体験を設計するUXデザインについて亀田氏は、「デザインは美しい見た目ではなく、課題解決の考え方」だと定義付ける。また、UXデザインについても、「使い手の心地よい体験作り(がUX部分、)課題解決すること(がデザイン部分)」(亀田氏)だからこそ、ビジネスの課題解決もデザインというキーワードが合致するという。

 「営業活動は人がメインだからUXデザインが必要」(亀田氏)

 ディップは2018年11月から人工知能(AI)やロボティックプロセスオートメーション(RPA)を活用して、社内業務の自動化を図る組織「dip Robotics」を設立。その一環として誕生したのがレコリンだった。

 それまでの同社はCRM/SFAを導入しても営業現場は「顧客検索に10秒以上」「商談項目も多く入力が面倒」「PC版のみでVPNも面倒」「入力の意味を理解してくれない」などの理由から使用率が著しく低かったという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1261文字 ログインして続きを読んでください。

「CRM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. コンテナセキュリティ入門ーコンテナ保護の基礎知識
  3. 前経済産業省審議官 三角育生氏が語る「新時代のセキュリティ対策」
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. 見えてきた“悪意のあるインフラストラクチャ”の恐るべき実態

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]