開発ツール

「Python」が「Java」抜いて2位に--2020年11月のTIOBE開発言語ランキング

TIOBEが発表した11月の人気プログラミング言語ランキングでは、「Java」が3位に後退し、「Python」が2位に浮上した。

 TIOBEが発表した11月の人気プログラミング言語ランキングは、意外な結果となった。同ランキングの20年の歴史で初めて、「C」と「Java」以外の言語がトップ2にランクインしたからだ。具体的には、Javaが3位に後退し、「Python」が2位に浮上した。

 TIOBEの10月のランキングでは、Cが首位、Javaが2位だった。長きにわたって首位と2位はこれら2つの言語の間で争われ、ほかの言語はそれらに続く第3の言語の座をめぐって戦いを繰り広げてきた。Pythonの人気がついにJavaを上回ったことで、今後、Pythonの時代が訪れる可能性もある。

 TIOBEの最高経営責任者(CEO)のPaul Jansen氏は、「先日、タイヤがパンクしたので、道路パトロールに電話して助けてもらった。整備士から職業を尋ねられて答えた際に、『ソフトウェア』という言葉を使ったら、彼は笑顔を見せて、今夢中になっていること、つまり、『Pythonでのプログラミング』について熱弁を振るい始めた。その瞬間、私はPythonがユビキタスになることを確信した」と述べた。

 Jansen氏はその出来事を持ち出して、Pythonの人気上昇の理由と考えられること、つまり、プログラミングスキルに対する一般の人々の需要を説明した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約969文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]