開発ツール

「Python」が「Java」抜いて2位に--2020年11月のTIOBE開発言語ランキング

TIOBEが発表した11月の人気プログラミング言語ランキングでは、「Java」が3位に後退し、「Python」が2位に浮上した。

 TIOBEが発表した11月の人気プログラミング言語ランキングは、意外な結果となった。同ランキングの20年の歴史で初めて、「C」と「Java」以外の言語がトップ2にランクインしたからだ。具体的には、Javaが3位に後退し、「Python」が2位に浮上した。

 TIOBEの10月のランキングでは、Cが首位、Javaが2位だった。長きにわたって首位と2位はこれら2つの言語の間で争われ、ほかの言語はそれらに続く第3の言語の座をめぐって戦いを繰り広げてきた。Pythonの人気がついにJavaを上回ったことで、今後、Pythonの時代が訪れる可能性もある。

 TIOBEの最高経営責任者(CEO)のPaul Jansen氏は、「先日、タイヤがパンクしたので、道路パトロールに電話して助けてもらった。整備士から職業を尋ねられて答えた際に、『ソフトウェア』という言葉を使ったら、彼は笑顔を見せて、今夢中になっていること、つまり、『Pythonでのプログラミング』について熱弁を振るい始めた。その瞬間、私はPythonがユビキタスになることを確信した」と述べた。

 Jansen氏はその出来事を持ち出して、Pythonの人気上昇の理由と考えられること、つまり、プログラミングスキルに対する一般の人々の需要を説明した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約969文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]