仮想化

DaaSで変わるデスクトップ管理--専門家が指摘する導入の利点

Desktop as a Service(DaaS)を利用すれば、デスクトップの管理をアウトソースし、コスト削減やIT部門の負荷軽減を図ることができる。ヴイエムウェアやシトリックスの幹部が、DaaS導入のメリットについて語った。

 デスクトップ環境の維持管理を社内でやろうとすると、多大な時間とリソースを費やしてしまう可能性がある。ITスタッフは、ユーザーが実行するすべてのPCとアプリケーションのサポート、トラブルシューティング、アップデートを継続的に実施しなければならない。2020年には、従業員がリモートワークを余儀なくされ、こうした作業がさらに厄介になっている。このような課題を考える場合に、検討する価値のあるサービスの1つが、Desktop as a Service(DaaS)だ。

 DaaSでは、デスクトップ環境がサードパーティーのプロバイダーによってクラウド上でホストされる。このようなサブスクリプションベースのサービスによって、必要なOSとアプリケーションを備えたオンデマンドの仮想化デスクトップを利用することができる。

 ITスタッフがPCのすべてを管理する必要はなく、クラウドプロバイダーがメンテナンスやアップデート、セキュリティなどの定期的なタスクを処理してくれる。IT部門は引き続きデスクトップの設定や制御を担当することになるが、日常的な管理作業の大半から解放される。

 従業員は、オフィス、自宅やその他の遠隔地など、あらゆる場所から仮想デスクトップにアクセスできるようになる。もちろん、デスクトップ環境に接続するためのデバイスはこれまでどおり必要だ。しかし、DaaSは柔軟性と可用性に優れているため、環境へのアクセスに、PC、スマートフォン、タブレット、各種スマートデバイスを使用することができる。

DaaSはどのような仕組みなのか

 DaaSは、概念としては仮想デスクトップインフラストラクチャー(VDI)と同様のもので、デスクトップとアプリケーションをPCで直接実行するのではなく、仮想環境で実行する。しかし、VDIの場合、IT部門がこれまでどおりオンプレミスの物理マシンと仮想マシンの管理やメンテナンスを行う。VMwareのEUC担当シニア・プロダクト・ライン・マーケティング・マネージャーで、2014年にDaaS関連の書籍を執筆したGabe Knuth氏は、VDIのデスクトップ環境を以下の4種類のレイヤーと必要なスキルセットに分類できると説明する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3079文字 ログインして続きを読んでください。

「仮想化」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]