仮想化

「Amazon WorkSpaces」入門--リモートワーク増加で注目されるDaaS製品

「Amazon WorkSpaces」は、アマゾンが提供するDesktop as a Service(DaaS)ソリューションだ。マネージド型のクラウドベースの仮想デスクトップをエンドユーザーに提供し、事業の成長に合わせてスケールアップすることができる

 現代の従業員は、かつてないほど分散している。リモートワークが多くの企業で未来の働き方になるという事実は、COVID-19のパンデミックでいっそう確固たるものになった。それは、現代企業のコンピューティングニーズも変化していることを意味する。「Amazon WorkSpaces」などのDesktop as a Service(DaaS)製品が市場で勢いを増す絶好の機会が、ついに訪れた。

 DaaSプロバイダーのここ数年の成長ペースは予想を下回っているが、パンデミックの拡大や、リモートワークへの移行が長期化する見通しを受けて、GartnerはVDIとDaaSの争いに関する見解を見直し、パンデミックの影響で大きく成長しているテクノロジー分野の1つとしてDaaSを選出した。

 成長のペースが遅かったため、多くの企業はAmazon WorkSpacesのような製品の利点にまだ気づいていない可能性がある。本記事では、この新しいワークステーション展開方法に関して、投資する価値がありそうな理由、そして未来の標準となり得る理由について説明する。

どんなものなのか

 Amazon WorkSpacesは、AmazonがDaaS分野に投入したソリューションだ。企業はこのソリューションを利用して、永続的なクラウドホスト型の「Windows」およびLinux仮想ワークステーションを作成することができる。他のDaaSソリューションと同様に、事業の成長や新しいワークステーションのニーズに応じてスケールアップできるように設計されている。

 AmazonはWorkSpacesについて、「安全性の高いマネージド型のクラウドベースの仮想デスクトップ体験をエンドユーザーに簡単に提供する手段」と説明している。また、クラウドベースでフルマネージド型の設計となっているため、ITチームは「複雑な環境の調達、展開、管理に頭を悩ませる必要がない」という。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4933文字 ログインして続きを読んでください。

「仮想化」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]