SSO Auth0

スバル、ID認証基盤を刷新--サービスごとにバラバラなID管理ポリシーを統一

自動車メーカーSUBARU(スバル)は、Auth0導入でID認証基盤を刷新している。さまざまな自社サービスで会員IDを統一的に利用できるようにしたい考えだ。

 自動車メーカーSUBARU(スバル)は、自社で運営するさまざまなウェブサイトで会員IDを統一的に利用可能にすることなどを目指し、ID認証基盤を刷新している。認証サービスをクラウドで提供するAuth0(オースゼロ)が11月4日に開催した説明会で、SUBARUが自社の事例を語った。

 ウェブアプリやモバイルアプリでID管理に必要な機能としては、ログイン、パスワードリセット、ソーシャルログイン、シングルサインオン/シングルログアウト、多要素認証(MFA)、パスワードポリシー、認可、ユーザー管理などがある。

 ID管理機能を独自に構築する場合、開発者リソースの浪費、アプリ利用時の使い辛さ、顧客の単一管理の困難さ、既存の自社開発IDサービスが足枷となる、データ漏洩のリスクといった課題に対処する必要が生じる。

 これに対し、Auth0が提供するクラウドベースのID管理サービス「Identity as a Service(IDaaS)」を使うことでID管理機能を組み込めるようになり、「開発者はイノベーションにより時間を割けるようになる」と同社でアジア太平洋地域担当ゼネラルマネージャーを務めるRichard Marr氏は説明する。

 多くの企業が顧客向けにアプリを開発しているが、ID管理機能を自ら構築するのではなく、Auth0のようなサービスを導入すれば良いと考え始めている企業が増えているという。そのような企業の1社としてSUBARUがある。

「部門間の壁」という課題

 SUBARUは、コミュニティーサイト「#スバコミ」や公式ウェアなどを販売する「SUBARU ONLINE SHOP」といったサービスを展開しているが、会員ID「SUBARU ID」の利用が可能なサービスとそうでないサービスが存在するという問題があった。「部門間、会社間の壁で分断されている」状態だったと同社の国内営業本部ビジネスイノベーション部 将来ビジネス企画開発グループ主事である安室敦史氏は述べる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2612文字 ログインして続きを読んでください。

「SSO」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]