会計ソフト 弥生

「弥生」シリーズ最新版、法令改正に対応--デジタル化前提の抜本的な効率化を

会計や給与計算などのデスクトップアプリケーションの最新版「弥生 21」シリーズが発表された。青色申告特別控除や給与所得控除の計算方法など2020年の法令改正に対応する。

 弥生は11月5日、デスクトップアプリケーション「弥生 21」シリーズを発表した。「やよいの青色申告 21」「弥生会計 21」は青色申告特別控除の改正など、「やよいの給与計算 21」「弥生給与 21」は給与所得控除の計算方法など2020年の法令改正に対応する。

弥生 代表取締役社長 岡本浩一郎氏
弥生 代表取締役社長 岡本浩一郎氏

 同日の記者会見では、9月28日から開始した「記帳代行支援サービス」の概要、そして短中期、中長期の取り組みについても説明した。代表取締役社長 岡本浩一郎氏は短中期、中長期の取り組みについて「2つの時間軸で顧客の業務効率化を推進する」と目的を説明した。

 11月13日から提供を開始する弥生 21シリーズは、2020年の法令改正対応とさらに業務効率化が主な改善点となる。弥生はクラウドサービスの「弥生オンライン」を平行して提供しているが、デスクトップアプリケーションの弥生 21シリーズは金融機関API連携の強化で約9割の利用者は、ウェブスクレイピングではなくAPI経由による口座取引情報の取得を可能にした。

 その際の操作も従来はウェブブラウザーなどを経由していたが、最新版ではデスクトップアプリケーション内で完結させることで、ユーザー体験(UX)を改善している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1457文字 ログインして続きを読んでください。

「会計ソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]