PC・モバイル

ラズパイ4搭載PC「Raspberry Pi 400」--コンパクトなキーボード一体型

「Raspberry Pi 400」は、アップデートされた「Raspberry Pi 4」をコンパクトなキーボードに直接組み込んだ製品だ。

 Raspberry Pi Foundationの人々は、大胆なアイデアを実行に移すことを決してためらわない。新しい「Raspberry Pi 400」もその一例である。Raspberry Pi 400は、英国に拠点を置く同コンピューターメーカーの最新デバイスであり、アップデートされた「Raspberry Pi 4」をコンパクトなキーボードに直接組み込んだ製品だ。

Raspberry Pi 400は家庭用PCに必要なすべてのもの(ディスプレイは除く)を100ドルで提供する。提供:Raspberry Pi Foundation
Raspberry Pi 400は家庭用PCに必要なすべてのもの(ディスプレイは除く)を100ドルで提供する。
提供:Raspberry Pi Foundation

 Raspberry Pi 400は、80年代に人気を博した家庭用8ビットコンピューター群を思い起こさせる。そのオマージュは意図的なものだ。「Raspberry Pi」の共同開発者のEben Upton氏によると、Pi 400は「ZX Spectrum」や「Commodore Amiga」「BBC Micro」などのデバイスに触発されたものだという。これらのデバイスは基本的にマザーボードが統合されたキーボードであり、ユーザーはそれを画面に直接接続して使用する。

 Upton氏はRaspberry Pi 400を発表するブログ投稿で、「Raspberry Pi Foundationは昔からずっとPCを扱う組織だった。1980年代の家庭用コンピューターに触発されたわれわれの使命は、プログラム可能な高性能コンピューターを手頃な価格で世界中の人々に届けることだ」と述べた。

 「そして、これらの古典的なPCに触発されて開発したのが、Raspberry Pi 400である。完全なPCをコンパクトなキーボードに組み込んだ製品だ」

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1705文字 ログインして続きを読んでください。

「PC・モバイル」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]