仮想化

VDI対DaaS--自社に適したデスクトップ仮想化技術を選ぶには

仮想デスクトップインフラストラクチャー(VDI)とDesktop as a Service(DaaS)が、デスクトップ仮想化の2大技術だ。機能やコストなどの面から両技術を比較し、それぞれの利点と問題点を考える。

 エンタープライズコンピューティング環境で多くの時間を過ごしてきた人なら、ある時点で仮想マシン(VM)を利用した経験があるはずだ。かつてはローカルの仮想デスクトップインフラストラクチャー(VDI)が標準だったが、現在では帯域幅の可用性とクラウドのオプションによってDesktop as a Service(DaaS)の実用性が大幅に向上し、COVID-19が原因でDaaSの魅力がこれまで以上に高まっている。

VDIとはどんなものなのか

 仮想デスクトップインフラストラクチャー(VDI)は長年にわたって利用されており、従来は仮想デスクトップを実行する唯一の手段だった。サーバーをデータセンターに配置して、仮想化ソフトウェアをインストールし、マシンを何台か稼働させれば、準備は完了だ。

 VDIは中央に配置されるため、ITチームがVDIを管理する責任を負う。これは、ハードウェア、ソフトウェア、ライセンス、展開のすべてが、社内で処理されることを意味する。遅延は最小限で、IT部門がすべてを制御でき、インターネット接続に問題が起きても作業を完了することができる。

 とはいえ、VDIに欠点がないわけではない。ハードウェアとソフトウェアを社内で管理できるのは便利だが、VDIシステムでは、あらゆる不測の事態に対処できる専任のITスタッフが必要だ。ハードウェアの不具合やソフトウェアの問題、その他に考えられるどんな問題にも社内で対処しなければならず、それには多額のコストがかかる可能性がある。

DaaSとはどんなものなのか

 CitrixのKenneth Oestreich氏が指摘するように、DaaSは「他の誰かが問題に対処してくれるVDI」だ。最も基本的なレベルでは、その意見は正しい。DaaSとは、Citrix、Amazon、VMware、Microsoft、Googleなどの企業がクラウド上でホストするVDIのことだ。DaaSでは、ハードウェアのすべてがプロバイダーによって管理されるため、ラックスペース、ハードウェアの故障、メンテナンスについて心配する必要はない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3863文字 ログインして続きを読んでください。

「仮想化」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]