人材管理 人材採用 勤怠管理・労務管理 CRM セールスフォース・ドットコム freee

人材採用や労務管理でも活用--Salesforceを全社で活用するfreeeの秘密

金融向けのクラウドサービスを提供するfreeeは、マーケティングやセールスで活用するSalesforceをバックオフィスでも活用。全社的に定着に取り組んでおり、会社の基幹系システムにする考えを明らかにしている。

 営業やマーケティングといったビジネスチームでSalesforceを導入する企業は多いが、採用管理、人事評価、労務管理といったバックオフィスの領域でSalesforceを活用している企業は少ない。その中でも、クラウド会計ソフトなどを手がけるfreee(品川区、単体従業員数506人)は、バックオフィス部門でもSalesforceを導入。全社的にSalesforceの定着に取組んでいるという。

 Salesforce活用ユーザー企業が自社の事例をプレゼンする「SFUG(Salesforce User Group) CUP」の決勝では、抱えていた課題や活用方法などを紹介した。

急成長企業が直面する“ありがちな課題”とは

 2012年創業のfreeeは、「スモールビジネスを世界の主役に」というミッションを掲げている。小規模企業や個人事業主向けに金融関連の事務管理ソフトをSaaSモデルで提供するFinTech(フィンテック)企業だ。

freee GYOMUハックエンジニア 田中氏
freee GYOMUハックエンジニア 田中氏

 かねてからfreeeのビジネスチームでは、マーケティング、インサイドセールスやフィールドセールス、顧客情報管理システム(CRM)などでSalesforceを活用していた。さらに、2020年からは採用管理、人事評価、労務管理、サポートといった分野でもSalesforceを活用している。freeeでGYOMUハックエンジニアの田中奈穂子氏は、「もともとバックオフィスにはほかのシステムを採用していたが、現在はすべてSalesforceに移行した」と説明する。

freeeでSalesforceを活用する業務領域(出典:freee) freeeでSalesforceを活用する業務領域(出典:freee)
※クリックすると拡大画像が見られます

 freeeがバックオフィスにSalesforceを導入した背景には、急成長している企業ならではの課題があった。

 たとえば、採用管理では従業員数の増加に伴い、採用に関する分析が難しくなっていた。特に採用チームと労務管理チームのやり取りが煩雑になっていたが、両チームで独自のデータ管理をしていたため、情報共有が一元化できていなかったという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2183文字 ログインして続きを読んでください。

「人材管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]