コミュニケーション PBX 日本マイクロソフト

オフィスの電話も「Microsoft Teams」に統合--完全なロケーションフリーが可能

コロナ禍で働き方が変わり、オフィスへの出社が当然ではなくなりつつある。「Microsoft Teams」に電話も統合することで、完全にロケーションフリーな仕事環境を構築することも可能だ。

 新型コロナウイルス感染症の流行を受けた“ウィズコロナ”の時代に入り、テレワークが当たり前になってきている。オフィスのファシリティも時代に合わせた大きな変化が必要とされている。

 コロナが終結した“アフターコロナ”となってもテレワークが当たり前になり、出社は週に1、2回、数時間程度となる企業が多いだろう。職種によっては、1カ月に1回の出社になるかもしれない。

 また、企業によっては、都市部の中心地のオフィスを削減して周辺地域に従業員が自由に利用できるシェアオフィスを設ける、会社自体が「WeWork」などのシェアオフィスと契約するなど、従業員が必要なときに、必要な場所で、自由に働けるロケーションフリーの働き方に変わっていくだろう。

 今までのように都心部のオフィスに縛られたワークスタイルが、ロケーションフリー化することで、大きく問題になってくるのが、オフィスの電話だ。現状の電話は、オフィスという場所に物理的に縛られている。これを、ロケーションフリー化していくことが、アフターコロナ時代におけるワークスタイルの重要な課題といえる。

コミュニケーションのハブになるTeams

 そこでお薦めしたいのが、チャットやウェブ会議機能を備えた「Microsoft Teams」を活用した電話のロケーションフリー化だ。

 Teamsは、企業向けのチャットやオンライン会議、従業員間の内線テレビ電話といったビジネスコミュニケーション機能に加え、メールやファイル共有もある。「Office 365」などのアプリケーション、Salesforceのような外部サービスとも連携可能で、“ビジネスコミュニケーション・ハブ”アプリケーションと言えよう。言ってしまえば、立ち上げておけばTeamsからほとんどの作業ができることになる。「Zoom」などのオンライン会議システム、「Box」などのクラウドストレージなどと連携するためのプラグインも揃っている。

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]