人事・労務

在宅勤務でのバーンアウト--オフィス勤務に比べてより感じるが68%

ある調査によると、回答者の3分の2以上は、燃え尽きたようになるバーンアウトをオフィス勤務よりも在宅勤務の方がより感じるという。

 新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックを受けて、オフィスワーカーが在宅勤務を余儀なくされるようになってから6カ月が経過し、ほとんどが今でも在宅勤務を続けている。その間に、リモートワークに関する議論の争点が変化したようだ。初期のレポートでは、企業と従業員の変化に対する適用力が強調されていたが、最近では、同僚からの孤立と断絶が続く状況が従業員のメンタルヘルスに及ぼす影響に争点が移っている。

 燃え尽きたようになるバーンアウトはますます喫緊の課題となっている。私生活と仕事の境界線が曖昧になる中で、労働者はやる気と生産性を維持するのに苦労している。ビジネスパーソン向け匿名ソーシャルネットワーク「Blind」が3000人以上の労働者を対象に実施した最近の調査によると、ビジネスパーソンの3分の2以上(68%)は、オフィス勤務よりも在宅勤務の方がバーンアウトをより感じるという。また、60%はパンデミック発生前に比べて、勤務時間が長くなったと回答した。

 こうした証拠が徐々に増えていることは、リモートワークが従業員の生産性に悪影響を及ぼし始めていることを示唆している。エンタープライズソフトウェアを手がけるSmartWay2が英国のオフィスワーカー189人を対象に実施した別の調査によると、63%がフルタイムの在宅勤務では生産性が低下すると感じているという。在宅勤務でもオフィス勤務と同等の生産性を発揮できると考えている回答者は、半数に満たなかった(45%)。

 Microsoftの最近の調査は、こうした感情を反映している。9000人の管理職者と従業員を対象にした調査によると、リモートワークは生産的な仕事の妨げになる日常的なオフィスの喧騒から私たちを解放したが、職場からの断絶は私たちの創造性と目的意識に影響を及ぼしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1494文字 ログインして続きを読んでください。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]