マーケティングオートメーション

長野県の広告会社がMAツール採用--コロナ禍でデジタル化、すでに実績も

長野県を中心に広告業を展開するキティックが、MAツール「マーケロボ」を採用。営業活動のデジタル化を目指し、実績も出ているという。

 広告業を営むキティック(長野県長野市、従業員数7人)は、マーケティングオートメーション(MA)ツール「マーケロボ」を採用。対面中心の営業活動をデジタル化するという。10月23日、開発提供するMarketing-Robotics(中央区、旧タクセル)が発表した。

 長野県を中心に、各担当によるリサーチ、電話やファクスなどでのアポイント獲得、対面営業という営業フローで活動。個々人の感覚や能力に頼っており、継続的な業績向上は困難だったという。

 新型コロナウイルス感染症の流行で新規顧客獲得が困難になり、デジタル化を検討。ウェブサイト訪問者へのアプローチを視野に採用したと説明。メルマガを配信し、アポイント取得実績も出たとしている。

 マーケロボは、2018年8月に「KAIGAN」として発表した、ウェブサイトやメールを含めた見込客との進捗管理、データ分析などができるウェブサービス。営業パーソンのデジタルマーケター化をコンセプトに掲げている。

 ワンクリックでのメール文面作成や送付後の分析、追客通知などが可能。「最適な情報やサービス」を「最適なタイミング」かつ「最適な方法」で提供できるという。商談後のお礼メール送信、商談内容の記録化までは2分で完了するとしている。

ダッシュボードイメージ(出典:Marketing-Robotics)
ダッシュボードイメージ(出典:Marketing-Robotics)

 税別月額利用料金は5万円、運用代行プランは25万円から。

「マーケティングオートメーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]