仮想化

「VMware NSX」入門--ネットワークを仮想化して管理や運用を効率化

「VMware NSX」はネットワーク仮想化のプラットフォームだ。同製品の機能と利点、用途、バリエーションなどについて解説する。

 VMwareは2012年、小規模なスタートアップだったNiciraを10億ドルで買収した。これには、企業のITマネージャーがサーバー仮想化とストレージ仮想化の価値を認識して、その構成をネットワークに拡張するようになるという思惑があった。VMwareがNiciraの技術をベースに開発した製品である「VMware NSX」ネットワークハイパーバイザーは、成果を上げたようだ。

 NSXに関して最もよく知られているのは、仮想マシン間でゼロトラストセキュリティを提供する機能だが、VMwareはより多くのインテリジェンスをネットワークハードウェアデバイスからソフトウェアベースのコントローラーに移行する価値を強調したいと考えている。エンタープライズネットワークは、最近までソフトウェア抽象化の影響を受けていなかった最後のIT領域の1つだ。

 多くのテクノロジーアナリストは、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の時代が到来したと考えている。AWSなどのパブリッククラウド企業は以前からSDNを採用しており、Ciscoがインテントベースの管理を発表したことは業界内の変化を示している。本記事では、仮想化製品であるVMware NSXについて簡潔に紹介する。

 更新情報:VMwareは、2018年に「NSX Data Center for vSphere」(NSX-V)のサポート終了を発表し、2020年半ば以降は「NSX-T」への移行を積極的に奨励している。NSX-Tは、ハイパーバイザーから分離された新しいクラウドネイティブバージョンのNSXだ。「NSX-V 6.3」はすでに一般サポートが終了しており、テクニカルガイダンスは米国時間2021年2月2日をもって終了する。「NSX-V 6.4」は、一般サポートが2022年1月16日に、テクニカルガイダンスが2023年1月16日にそれぞれ終了予定だ。NSXの利用企業は、できるだけ早くNSX-Tへの移行を検討して、サービスの中断を回避する必要がある。

概要

  • どんなものなのか:仮想化ネットワーク環境の管理プラットフォームを提供するネットワークハイパーバイザーだ。
  • なぜ重要なのか:NSXは現在、市場をリードするネットワーク仮想化プラットフォームであり、興味深いマイクロセグメンテーションセキュリティのユースケースも提供するからだ。
  • いつから利用できるのか:現在はバージョン6.3.2が提供されている。
  • どのような用途があるのか:NSXには主に、「vSphere」環境向けと非vSphere環境向けの2種類がある。

どんなものなのか

 Niciraの創設者でAndreessen Horowitz(a16z)のゼネラルパートナーであるMartin Casado氏は、NSXをネットワークハイパーバイザーと呼んでいる。ネットワークハイパーバイザーであるNSXは、仮想スイッチを利用する仮想化環境向けの高度なネットワークプロバイダーだ。仮想スイッチポートの数は、ずっと前に物理スイッチポートの数を上回った。

 大半のエンタープライズ環境では、多数の仮想化ワークロードが維持されている。仮想マシン(VM)は、データリソースの主要な指標だ。クラウドベースのサービスがどんな環境かを説明するときでさえ、パブリックデータセンターでホストされているVMという表現が一番しっくりくる。

 NSXは、仮想スイッチのコンセプトを活用して、仮想ネットワークの機能を拡張する。非vSphere環境向けのバージョンもあるが、主なターゲットはvSphereだ。NSXは「VMware vCenter」のデータベースとの緊密な統合を提供し、この統合によってvSphereの構成をネットワークに自然に拡張することができる。

 ネットワーク管理者は、vCenter風のポリシーを使用してネットワークを制御する機能を利用可能だ。VMwareはこのアプローチをソフトウェア定義ネットワークと呼んでいる。コンピューターサイエンスの観点から見ると、これは物理ハードウェアからのネットワーク制御とサービスの抽象化だ。ルーティング、ロードバランサー、侵入保護、セキュリティなどの機能は、ハイパーバイザー内のサービスとして存在するため、ネットワーク管理者は単一のNSX制御パネルとAPIから仮想ネットワークの設定や管理を実行することができる。

 ソフトウェアであるため、VMwareはNSXを事実上どんな環境にも展開可能だ。vSphereをサポートするだけでなく、KVM向けのバージョンのNSXも存在する。また、VMwareはAWS EC2環境向けの非出荷バージョンも披露した。

なぜ重要なのか

 NSXについて考えるとき最初に頭に浮かぶのは、俊敏性とセキュリティだ。エンタープライズIT内のネットワークサイロは長い間、抽象化に抵抗してきた。ウェブスケールのクラウドプロバイダーとテレコムサービスプロバイダーは、抽象化されたネットワークの価値を実証する2つの業界だ。

「仮想化」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]