ウェブ会議 チャット クラウドストレージ アトラシアン株式会社

リモートワークでの満足度や成功度、日本が世界平均よりも低い理由

さまざまな国や地域でコロナ禍で強制的なリモートワークが強いられたが、日本の場合、リーダーシップへの満足度やワークライフバランスの満足度が著しく低く、チームコラボレーションも機能していないことが明らかになっている。

 アトラシアンは10月22日、日本を含む海外主要5カ国で実施したリモートワークに関する調査「Reworking Work: Understanding The Rise of Work Anywhere」の結果を発表した。諸外国と比べると日本は、リーダーシップへの満足度やワークライフバランスの満足度が著しく低く、チームコラボレーションも機能していないという。

 代表取締役社長 Stuart Harrington氏は「もともとリモートワークの経験値が低かったのにコロナ禍でリモートワークを強いられ、振り幅が大きかった。さらに(日本企業で)ペーパーレスも進んでおらず、稟議書やハンコが残っている。ファクスを使っているのも日本だけ」と分析する。

アトラシアン 代表取締役社長 Stuart Harrington氏
アトラシアン 代表取締役社長 Stuart Harrington氏

 Atlassianは4~6月に日本、米国、ドイツ、フランス、オーストラリアを対象に、リモートワーク以前の状況やリモートワーク体験、将来への期待を1時間かけて聞き取る「リモート・インタビュー」と、家事と並行してリモートワークに従事する際の体験を聞き取る「ダイアリー・スタディー」、5000人を対象にした定量調査を組み合わせた。

 「勤務時間に柔軟性がある」と回答した割合はグローバルで47%だが、ドイツは63%。「リモートワークに問題はなかった」と回答した割合はグローバルで53%だが、フランスは36%。「オフィスに戻ることに不安を感じる」と回答した割合はグローバルで53%だが、米国は67%。「感染拡大という制約の中、自宅で効率的に仕事をするのは難しい」と回答した割合はグローバルで27%だが、日本は44%。

 その日本でダイアリー・スタディーに回答した方は、「在宅勤務制度が十分に確立されず、タブレットだけ支給されたが、読み込みが遅く、その間にコーヒー休憩ができてしまうほど」と不満を吐露している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1662文字 ログインして続きを読んでください。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]