スマートフォン モバイル

「iPhone 12」入門--4モデル展開のアップル製5Gスマートフォン

アップルは2020年に4種類の「iPhone」を発表した。「iPhone 12 mini」「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」の各モデルの機能、スペック、競合製品などについて解説する。

 2020年には、新しい「iPhone」が4種類リリースされる。いずれもAppleが米国時間10月13日に開催したバーチャルイベントで発表されたものだ。「iPhone 12 mini」「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」は、サイズ、機能、価格がそれぞれ異なる。このように、Appleは幅広い顧客のさまざまなニーズと予算に対応できるように新しいラインアップを設計した。新しいiPhone 12の4モデルは、Apple初の5G接続対応スマートフォンでもある。5G機能は、新しいスマートフォンを購入する際の検討事項になるかもしれない。

 iPhone 12シリーズは、5Gのサポートに加えて、強力な新型プロセッサー「A14 Bionic」、「Super Retina XDR」ディスプレイ、耐久性に優れた「Ceramic Shield」前面カバー、より信頼性の高いワイヤレス充電と装着可能なアクセサリーをサポートする「MagSafe」機能も備える。

提供:Apple
提供:Apple

 新型iPhoneはカメラも強化されており、写真と動画の画質向上や微調整のための高度な機能が多数追加された。iPhone 12 miniとiPhone 12の背面には、広角レンズと超広角レンズを備えたデュアルカメラシステムが搭載されている。iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxはこれに加えて、望遠レンズとLiDAR拡張現実(AR)マッピング用のスキャナーを備える。

 4つの新モデルすべてに搭載されている他の革新的なカメラ機能には、光の少ない場所で細部を鮮明に撮影できる「Deep Fusion」、シーン内のすべての要素のバランスを改善する「Smart HDR 3」、夜間のタイムラプス写真撮影を可能にする「Night Mode Time Lapse」などがある。さらに、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxでは、「Apple ProRAW」と呼ばれる機能によって、RAW形式での写真の撮影と編集がネイティブサポートされるようになった。

 本体のエッジ部分にも変更があり、「iPhone 11」の丸みを帯びたエッジから、昔の「iPhone 5」のフラットエッジデザインに回帰している。

主な機能にはどんなものがあるのか

5G:米国向けiPhone 12の4モデルすべてに搭載された5Gテクノロジーは、サブ6GHz帯とミリ波帯の両方をサポートしている。サブ6GHz帯は広い範囲をカバーし、電波が遠くまで届きやすく、障害物の影響を受けにくい。しかし、混雑しているため、実際の速度が制限される。対照的に、ミリ波帯はサブ6GHz帯よりもはるかに高速だが、障害物の影響を受けやすいため、基地局の近くでなければ最高の性能を発揮できない。米国では、AT&T、T-Mobile、Verizon Wirelessが両方の種類のネットワークを提供しているが、特にVerizonはミリ波の方が有望であると考えている。

提供:Apple
提供:Apple

 主要キャリアが5Gネットワークを展開しているものの、特に米国では対象エリアが依然として大都市に限定されている。したがって、それらの都市に住んでいない限り、5Gスマートフォンを購入しただけでパフォーマンスが向上することはない。

 5Gに対応するiPhone 12ラインアップは、将来より長く使い続けられるシリーズとなった。5Gは対象エリアの拡大に伴い、数年以内により広範に行き渡るだろう。コスト意識の高い消費者が以前よりも長期間にわたって同じスマートフォンを使い続けるようになっているため、この点は重要だ。もちろん、サムスンをはじめとする「Android」スマートフォンベンダーも自社スマートフォンの5G対応を進めているため、競争力の維持という観点だけで見ても、Appleはこの機能を必要としている。

 5Gはバッテリーを大量に消費する可能性があるため、Appleが「Smart Data Mode」機能を導入したのは賢明な措置だ。5Gが必要ないときには、自動的に4Gに切り替わる。

プロセッサー:最新のiPhoneは、新しいA14 Bionicプロセッサーを搭載している。これは9月に発表された第4世代「iPad Air」にも搭載されているものだ。現時点でApple最先端のモバイルチップであるA14 Bionicは、パフォーマンスの向上やバッテリー消費の節約を目的に設計されている。この新しい6コアプロセッサーには、4つの高効率コアと2つの高性能コアがある。

「スマートフォン」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]