開発ツール

「Raspberry Pi Compute Module 4」が登場--32種類のモデルから選択可能に

Raspberry Piから、産業用デバイスや家電製品向けシステムオンモジュールボード「Raspberry Pi Compute Module」の新モデルが登場した。

 Raspberry Piから、産業用デバイスや家電製品向けシステムオンモジュールボード「Raspberry Pi Compute Module」の新モデルが登場した。

 「Raspberry Pi Compute Module 4」は、2019年6月に発売された「Raspberry Pi 4」と同様、Broadcomの64ビット、クアッドコアのシステムオンチップ(SoC)を搭載している。つまり、16カ月前に発売されて大ヒットしたPi 4と同じように、Armの1.5GHzの「Cortex-A72」CPUやBluetooth 5.0、デュアル4Kモニターのサポート、最大8GBのLPDDR4 RAMなど、「PC風」のスペックを備える。

 Compute Module 4では、さまざまなRAM、フラッシュストレージ、およびワイヤレス接続のオプションが用意されており、その組み合わせは何と32通りに上る。価格は、1GBのRAMを搭載しワイヤレス接続をサポートしない「Lite」の25ドルから、8GBのRAM、32GBのフラッシュストレージ、ワイヤレス接続を搭載するモジュールの90ドルまで、さまざまだ。

 Raspberry Piの共同開発者であるEben Upton氏は、1GBのRAMを搭載しワイヤレス接続をサポートしない4種類のモデルの価格体系が「Raspberry Pi Compute Module 3+」の同等モデルと同じ(25ドル、30ドル、35ドル、40ドル)になることを認めた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1430文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]