データベース freee

中堅中小の5割の経営者、システム導入に積極的--APIでの連携が重要

国内の従業員300人以下規模の中堅中小企業の経営者や従業員を対象にしたfreeeの調査によれば、54.2%の経営者が業務に必要なシステムを導入したいと考えているという。

 freeeは10月21日、記者説明会を開催。9月下旬に実施した「スモールビジネスのITシステム活用に関するアンケート調査」結果と自社サービスのAPI利用事例を解説した。

 中堅中小企業の半数以上が業務に必要なシステム導入に意欲的で、システム連携に欠かせない「API連携でシステム導入を検討していることが明確になった」(freee プラットフォーム部 部長 前村菜緒氏)という。

freee プラットフォーム部 部長 前村菜緒氏
freee プラットフォーム部 部長 前村菜緒氏

 freeeが9月25日から5日間、国内の従業員300人以下規模の中堅中小企業の経営者や従業員4463人を対象にした調査結果によれば、54.2%の経営者が業務に必要なシステムを導入したいと考えている(n=450)。内訳を見ると「積極的に導入したい」と回答したのは19.3%、「必要に応じて導入」と回答したのは34.9%。

 興味深いのは都市圏とそれ以外の地域の回答だ。都市圏は「積極的に導入したい」が18.4%、「必要に応じて導入」が34.7%という結果だが、地方は「積極的に導入したい」が20.1%、「必要に応じて導入」が35%と続く。前村氏は「都市圏と地方で差がなく、全国的に経営改善に取り組む意欲を持つ経営者が多い」と分析した。

 51の業務領域を対象に調査しているが、導入するシステムは表計算・グラフ作成(61.4%、n=3473)、給与計算(56.7%、n=2989)、グループウェアもしくはメール(52.4%、n=3442)と続く。

 また、昨今のコロナ禍でオンライン会議を導入する企業は多いものの、中堅中小企業は従業員規模が大きいほど導入率が高まる結果が分かった(n=3617)。300人未満は63.4%(n=949)、100人未満は48.8%(n=687)、50人未満は32.9%(n=1072)、10人未満は21.2%という導入率である。同じくコロナ禍でリモートワークを実施した割合は約38.8%(n=2997)。

 システム導入を見送った割合は51.5%と大半を占めたものの、新システム導入意向は24.3%、検討中は23.8%(n=1166)と能動的だ。さらにリモートワークを実施した企業(n=1166)は他のシステムと容易に連携できることを重視し(17.8%)、クラウドを優先した割合は15.5%と、リモートワークを実施しなかった企業(n=1831)よりも大幅に多い。前村氏は「他システムとの連携はAPIが重要。API連携でシステム導入を検討していることが明確になった」と解説した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1399文字 ログインして続きを読んでください。

「データベース」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]