開発 運用

どこがレガシーなのか--誤解される「IBM i(AS/400)」の正体

「レガシーシステムが問題だ」「オフコンはモダナイゼーションしなければ」という言葉を良く耳にするが、モダナイゼーションすべき問題を正確に理解できているだろうか。ジーアールソリューションズでモダナイゼーション事業部長を務める阿野氏が解説する。

 前回の記事において、さまざまなモダナイゼーションのシーンにおける発生問題を紹介した。今回はその問題の本質に迫るため、モダナイゼーションすべき「IBM i(AS/400)」のレガシーを特定する。

一般的なレガシーシステムのイメージ

 IBM i などに代表されるミッドレンジコンピューター、いわゆる「オフコン」の経験がない人が増えている。今まさにITを仕事としている中でも同様に増えているが、彼らは“レガシー”なシステムに対してどのようなイメージを持っているのだろうか? 下記に項目を挙げて整理をしてみた。

  1. 独自CPU(プロセッサー)
  2. 独自マシン(ハードウェア)
  3. 独自OS(オペレーティングシステム)
  4. 独自プロトコル
  5. 独自言語
  6. 独自データ・ファイル管理システム

 結果として、全ての面において、オープン系アーキテクチャーと対局にあり、さらに古いマシンのまま使い続けているイメージをもっているようである。そのためさまざまなITベンダーから「早くリプレースしないとデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現に間に合わない」というメッセージが発せられている状況となっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2260文字 ログインして続きを読んでください。

「開発」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]