ウェブ会議

Zoomが予定している新機能--「Zapps」やカスタマイズ可能なSDKなど

先ごろ開催されたZoomの「Zoomtopia」カンファレンスの基調講演では、カスタマイズ可能なSDKや開発者がアプリを作成する新しい方法などの新機能が発表された。

 米国時間10月14日に開催されたZoomの「Zoomtopia」カンファレンスの基調講演では、エンドツーエンド暗号化や「OnZoom」、カスタマイズ可能なSDK、開発者がアプリを作成する新しい方法、ユニファイドコミュニケーションプラットフォームの機能強化など、さまざまな新機能が発表された。

 「Zoomはあなた方、つまり、勇気と勤勉さ、創造力を持つユーザーコミュニティーのためのものだ。それは、Zoomtopiaも同じである。われわれは、多くの価値を提供する世界クラスのバーチャルイベントを創造するために、懸命に努力してきた。ユーザーに最も役立つというZoomの約束を計画、準備、実現することに取り組んできた」と最高経営責任者(CEO)のEric Yuan氏は基調講演で述べた。「この困難な時期にわれわれが学んだのは、リモートワークが機能するということだ。将来的には、対面コミュニケーションとバーチャルコミュニケーションの最高の部分を組み合わせたハイブリッドが登場するだろう。われわれが本日、Zoomtopiaで発表する内容は、Zoomが今この瞬間と未来のために構築されていることを実証するものだ。われわれには、今日、明日、そして、未来の世界に必要なものをサポートするプラットフォームがある」(Yuan氏)

 Zoomtopiaは、10月14~15日にオンラインで開催された2日間のユーザーカンファレンスで、一般の人々に無料で開放された。

Zoomのエンドツーエンド暗号化(E2EE)機能

 E2EE機能は10月18日の週に、テクニカルプレビューとしてZoomの無料版と有料版のユーザーに提供される予定だ。この機能はアカウント、グループ、およびユーザーレベルで有効にできる。この方法でセットアップすると、主催者は会議ごとにE2EEのオンとオフを切り替えることができる。この機能を有効にすると、会議参加者のデバイスだけが知っている暗号化キーを使用して、会議参加者間の通信が暗号化される。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2159文字 ログインして続きを読んでください。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]