ウェブ会議 チャット

公園やカフェなどからのオンライン会議、5割が経験--情報漏洩リスクを9割が実感

不特定多数が集まる場所でのオンライン会議の実施経験について質問したところ、50.2%が「ある」と回答。その場所を聞くと、トップ3は「公園」「商業施設のフリースペース」「カフェ・喫茶店」となった。

 あらゆるスペースを貸し借りできるプラットフォーム「スペースマーケット」を運営するスペースマーケット(新宿区)は、緊急事態宣言中に在宅勤務を経験、現在は週に1日以上出社している20~60代の会社員480人を対象にオンライン会議をテーマに調査。10月15日に結果を発表した。

 不特定多数が集まる場所でのオンライン会議の実施経験について質問したところ、50.2%が「したことがある」と回答。「したことがある」と回答した241人に、場所を聞くと、トップ3は「公園(30.7%)」「商業施設のフリースペース(28.6%)」「カフェ・喫茶店(25.7%)」となった。

 他の人との距離が取りやすく開放感がある「公園」を選択する一方で、「商業施設のフリースペース(28.6%)」「カフェ・喫茶店(25.7%)」「ファミレス(8.7%)」「フードコート(2.5%)」といった、人が集まる屋内でオンライン会議を経験したことが明らかになっている。

 不特定多数が集まる場所でオンライン会議をすることへの情報漏洩リスクを聞くと、「とても感じる(39.0%)」「感じる(32.3%)」「やや感じる(24.0%)」となり、情報漏洩リスクを感じているのが95.3%、「あまり感じない(2.9%)」「感じない(0.8%)」「全く感じない(1.0%)」となり、情報漏洩リスクを感じていないのが4.7%となっている。

 不特定多数が集まる場所でオンライン会議をしたことがある241人に情報漏洩防止のために気をつけていることについて聞くと、86.1%が「近くに人がいる席を避けるよう気をつけている」、79.4%が「会社名や製品名など特定されやすい言葉を伏せるよう気をつけている」と回答している。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]