チャット

Slackが解消を目指す「人間とソフトウェアの生産性ギャップ」-- Frontiers 2020基調講演

Slackは先ごろ「Frontiers」カンファレンスを開催し、今後のビジョンなどを明らかにした。

 Slackが舵を切った方向の先には、昔の働き方に戻ってリモートワークの困難な要素に取り組むことはできないという考えがある。同コラボレーションプラットフォームは、新入社員のオンボーディングや外部パートナーとの連携を容易にするさまざまな新機能を構築している。

 Slackの最高経営責任者(CEO)兼共同創設者であるStewart Butterfield氏は米国時間10月7日、2日間の「Frontiers」カンファレンスの冒頭で基調講演を行った。Butterfield氏によると、同社は次の段階として、人間とソフトウェアの間の生産性ギャップを埋めて、古いワークフローを再発明する代わりに新しいワークフローを構築することに注力していくという。同氏は、あるシステムのグラフや画像のスクリーンショットを撮影して、プレゼンテーションソフトウェアに貼り付けた後、そのドキュメントを確認してもらうために電子メールで送信するという、誰もが経験したことのあるタスクに言及した。

 「ステップ3を改善しなければならないこともあれば、ステップ1からステップ11に飛ぶことを目指さなければならないこともある」(同氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2119文字 ログインして続きを読んでください。

「チャット」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]