人事・労務

コロナ禍のテレワークで考える--従業員中心企業の強さと文化醸成の契機

従業員のためにより「良い文化」を構築することが「良い企業」であるための条件であり、大切にされていると感じている従業員は、生産性が高くなるとともに、その価値が収益に反映されるという。

 新型コロナウイルス感染拡大とともに、働き方や企業のあり方が大きく変わりました。働く人の多くが、不安を抱えながらの生活を強いられ、いかに自分や家族の健康を守りながら働き続けられるかが、課題となりました。そして、その解決策として多くの企業がテレワークを導入しました。

 今までは育児や介護中の社員に限定的に利用されていたテレワークですが、コロナ禍を理由に全社員によるテレワークに舵を切ることで、これまでとは違い、デジタルトランスフォーメーションを見据え、オフィス移転に踏み切った企業も出てきました。

 そんな中、「リモートワークを成功させるために必要なのはテクノロジーだ」という一部の誤解が生まれてきているようです。もちろん、テレワークを実現するためには、セキュリティの強化、仮想私設網(VPN)、クラウド、仮想デスクトップ基板(VDI)などの技術は前提条件として必須です。

 しかし、テレワークを成功させる鍵は、従業員が生産的に仕事を行えるサポート体制、企業と従業員(そして従業員同士)の信頼関係、従業員に権限を委譲する組織文化ではないでしょうか?

エンゲージメントの向上が人材育成に

 これまで従業員エンゲージメントを重視してきた企業でも、コロナ禍ではこれまでの取り組みが試されることになりました。

 しかし、従業員を大切にし、従業員に素晴らしい実務経験を提供することに情熱を注ぎ、従業員のエンゲージメントと従業員サポートに投資してきた企業は、テレワークを拡大することで、その投資の成果を目の当たりにしています。

 また、コロナ禍で全社テレワークに踏み切った企業の中でも、定期的にヒアリングしたり、雑談の機会を増やしたりするなど、各社それぞれの従業員をケアする中で、あらためて企業の組織文化を従業員に感じてもらう機会が生まれました。

 このように全社で一つの課題に取り組むことは、組織の結束力が高まり、従業員エンゲージメントがより向上し、企業に献身的な従業員の育成につながります。

 従業員のためにより「良い文化」を構築することが「良い企業」であるための条件です。大切にされていると感じている従業員は、生産性が高くなり、より革新的になります。そして、その価値が収益に反映されます。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1848文字 ログインして続きを読んでください。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]