オフィスソフト

「Excel」の数式エラーを目立たせる--強調表示で見落としを回避

「Microsoft Excel」の数式にはエラーがつきものだ。見逃さないように、エラー値を返す数式を目立つようにしておくといいだろう。条件付き書式を用いた強調表示など、3つの方法を紹介する。

 「Microsoft Excel」では、新しいシートで作業を始めるときも、既存のシートに新しいものを追加するときも、エラーは発生する。そのため、筆者は最初に条件付き書式を追加して、数式のエラーが表示されるようにしている。

 その後、シートを配布する準備ができたら、その条件付き書式を無効化または削除する。もちろん、エラーの原因はユーザーによって異なるが、原因として多いのは、値や参照が欠落しているか正しくないせいで評価されない数式だ。本記事では、有効なエラーメッセージを返す数式をすべて表示する簡単な条件付き書式ルールを紹介する。

 筆者は「Windows 10」の64ビット版システムで「Microsoft 365」を使用しているが、古いバージョンを使っても構わない。作業用のデータは自分で用意してもいいし、デモ用の.xlsxファイルをダウンロードしてもいい。この条件付き書式と緑色の三角形は、ブラウザー版でも表示されるが、「条件を選択してジャンプ」オプションはサポートされていない。

Excelのエラーメッセージについて

 Excelで作業するときは、エラー値を返す数式を目立つようにしておくといいだろう。エラー値とは、何かが正しくないことを知らせてくれる値で、Excelに標準搭載されている。表Aのエラー値の中には、見覚えがあるものもいくつかあるはずだ。エラー値の意味を知っておくと、トラブルシューティングの手がかりを得ることができるが、これらの値は見落としやすい。エラー値を強調表示する条件付き書式を使うのはそのためだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2390文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]