DWH ETL EAI/ESB データ分析

データ資産を可視化し、データ活用の活性化につなげるメタデータ管理

データ活用する際に重要となるのがメタデータだ。クニエでデータマネジメント/データガバナンスを担当する小林氏が概要や管理のポイントなどを解説する。

 前回は、データのデザインについて述べた。最終回となる今回は、データをどのように具体的に管理していくか、メタデータ管理を中心に解説する。

なぜメタデータ管理が重視されるのか

メタデータとその種類

 メタデータとは、データの付帯情報のことであり、データのためのデータとも説明される。

「ビジネスメタデータ」と「システムメタデータ」の大きく2種類があり、ビジネスメタデータは、「業務用語」や「業務とデータの関連」を表す情報である。業務用語名、業務用語説明、業務機能名、業務とデータの関連付け、データの発生源とそのデータのリネージ(来歴)などのことである。

 システムメタデータは、「テーブル」「カラム」「アクセス権」などデータを格納しているシステムに関する情報であり、テーブルの論理名や物理名、説明、カラムの桁、型、コード値、KeyやIndexのような制約、データアクセス権限などのことである。

なぜメタデータ管理が重要なのか

 メタデータ管理の大きな目的の一つとして、「データ利活用の促進」が上げられる。データを活用したい人が簡単に必要な情報を検索し、活用しやすくすることである。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2794文字 ログインして続きを読んでください。

「DWH」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]