データ分析 新興技術 日立製作所 リクルートキャリア

社内外のデータサイエンティストが“協創”--日立のハッカソンで見える未来の姿

日立製作所が注力する「Lumada」事業拡大を目指すLDSLは、初のイベントとしてオンラインハッカソンを開催。社内外の知を集めてイノベーション創出を模索する。

 人工知能(AI)、ビッグデータなど先端的なITのビジネス活用が進むなかで、さらに一歩進めるために何ができるだろうか――。その解を出すべく日立製作所(日立)は4月1日、イノベーション創出拠点「Lumada Data Science Lab.(LDSL)」を設立。データ活用の専門家“データサイエンティスト”のトップ人材約100人を集めたという。

 7月11日には社内外約30人が参加するオンラインハッカソンを初のイベントとして開催。社内外のコラボレーションを通し、社会問題を解決するイノベーション創出を模索した。

Lumada事業拡大を狙うLDSL

 日立は、AI、データアナリティクスといった変化が激しいIT分野の最新動向を捉えるとともに、産業機械などで活用してきた制御技術(Operational Technology:OT)を含めたこれまでの知見と技術を連携、ノウハウとともに提供する「Lumada」事業を展開している。ITとOTを含めた同社の総合力で社会、顧客の課題を解決するというものだ。

 そんなLumada事業の拡大、推進をミッションとするLDSLは、IT研究者のほか、OTのエンジニア、事業部などのビジネスに近いコンサルタントといったトップ人“財”をトップデータサイエンティストとして結集。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2464文字 ログインして続きを読んでください。

「データ分析」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]