DWH ETL

“データ仮想化”基盤「Denodo」最新版、キャッシング高速化--UIも全面刷新

データ仮想化基盤の最新版「Denodo Platform 8.0」では、AWS上の展開自動化に対応し、データカタログ機能の強化や各種ツールを呼び出すポータルサイトの用意、「GraphQL」のサポートなどの新機能を備える。

 Denodo Technologiesは10月6日、記者会見を開催。8月にリリースしたデータ仮想化基盤の最新版「Denodo Platform 8.0(Denodo 8.0)」を説明した。

 Denodo 8.0を構成する「Solution Manager」はAmazon Web Services(AWS)上の展開自動化に対応し、データカタログ機能の強化や各種ツールを呼び出すポータルサイトの用意、分析パフォーマンスの向上や「GraphQL」のサポートといった新機能を備える。

Denodo Technologies 営業本部本部長 中山尚美氏
Denodo Technologies 営業本部本部長 中山尚美氏

 営業本部本部長 中山尚美氏はユーザーインターフェース(UI)刷新を図ったデータカタログについて、「データの利用状況や使用傾向を機械学習で示し、データ利用を促進。結果としてデータドリブンな経営につながる」とアピールした。価格は前版と同じくオープンとなる。

 Denodo 8.0について、同社は「ウェブインターフェース化」「分析パフォーマンス向上」「GraphQLサポート」「クラウド統合」「データカタログ」と5つの強化ポイントを備えると説明する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1690文字 ログインして続きを読んでください。

「DWH」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]