ウェブ会議

学生たちのコミュニケーションが増えた--仮想オフィスサービス「My Digital Office」導入組織に聞く

仮想オフィスサービス「My Digital Office」を導入した組織に、そのメリットなどについて話を聞いた。

 「週5出勤は必須ではないかもしれない」「賃料の高い都心にオフィスを構える必要はないのかもしれない」「そもそもオフィスという箱は必要なのか」——。

 新型コロナウイルス(以下、コロナ)の蔓延によって、変化することを余儀なくされた私たちは、働き方の本質と向き合い始めたとも言える。

 現にこれまでの在り方を見直す組織も出てきている。今回は企業ではなく、大学研究室の事例を紹介する。政府による緊急事態宣言が解除された後も、学生たちとリモートでのやりとりを継続している。

 東京理科大学 経営学部 准教授で、大江秋津研究室(東京・千代田区)を運営する大江秋津氏は、以前「オフィスにいるようなコミュニケーション--仮想オフィスサービス3選」で取り上げた「My Digital Office(日本語版英語版)」を導入した。仮想オフィスサービスは、メンバーが異なる場所にいても、1カ所に集まっているような感覚でコミュニケーションを図れるツールだ。My Digital Office導入について、大江氏に話を聞いた。

 同研究室は2019年に発足。日本大学 生産工学部 准教授を2019年3月まで務めた大江氏が同4月、東京理科大学 准教授として立ち上げ、2020年9月時点で43人のメンバーを抱える。

別々の場所にいながら進める研究室運営

 コロナの問題が騒がれ始めた2020年2月、大江氏は今日のような、密を回避しなければならない状況になることを予期していた。皆が1カ所に集まって研究活動を続けるのは難しくなるだろう、と考えていたのだ。その予感は的中した。

 そのような状況になった場合、(1)他の学生たちに会えなくなる学生の孤独感を軽減すること、(2)学生同士がコミュニケーション・助け合う機会を減少させず、モチベーションを維持することが課題となると認識。その上で、さまざまなツールを使い、皆が離れたところにいながらも研究室を維持する方法を模索していた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3228文字 ログインして続きを読んでください。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]