人事・労務

求められる積極的な発言を認める社風--従業員の幸福度とコミュニケーション

最近の調査によると、人々が自分のアイデアを安心して共有できる雰囲気の企業では、多くの場合、エンゲージしている従業員がより多く、バーンアウトするリスクが低いという。

 チームミーティングで1人の人間だけが話しているようなら、そのグループにはおそらくコミュニケーションの問題がある。アイデアを共有することはリスクであり、チームメンバーは発言する前にこのリスクを計算する。最近の調査によると、人々が自分のアイデアを安心して共有できる雰囲気の企業では、多くの場合、エンゲージしている従業員がより多く、バーンアウトする(燃え尽きる)リスクが低いという。

 Limeade Instituteの新しいレポート「Organizational Communication POV」では、積極的なコミュニケーション行動が信頼とインクルージョンを促進することが明らかになった。研究者たちによると、オープンで誠実なコミュニケーションスタイルは個人間と会社全体に相互の信頼とサポート、および尊重の感覚を植え付けるという。Limeade Instituteは7月に同レポートを発表した。

 調査では、コミュニケーションと信頼が双方向に影響し合うことも明らかになった。積極的で効果的なコミュニケーションの習慣は信頼を育み、従業員同士の関係を改善する。こうした環境を作り出すために、管理職者は明快なコミュニケーションを心がけて、人々にアイデアの共有を促し、全員で同じ情報を共有できるようにする必要がある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2238文字 ログインして続きを読んでください。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. コンテナセキュリティ入門ーコンテナ保護の基礎知識
  3. 前経済産業省審議官 三角育生氏が語る「新時代のセキュリティ対策」
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. 見えてきた“悪意のあるインフラストラクチャ”の恐るべき実態

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]