CRM AI・機械学習 セールスフォース・ドットコム

各社員がデータをもとに業務を改善--Salesforceの活用で社内に起きた変化とは

HRサービスを提供するアクシスコンサルティングは、Salesforceを活用してデータ可視化、他システムと連携しての業務効率化などを実現しているが、たどり着くまでにはさまざまな試行錯誤があったという。

 Salesforceのメリットとして多く聞かれるのが、「システム管理の経験がなくても使いこなせるわかりやすさ」だ。日本一のSalesforceユーザー企業を決める「SFUG(Salesforce User Group) CUP」の決勝で、HR(Human Resources:人材)サービスを提供するアクシスコンサルティング(アクシス、千代田区、単体従業員数61人)の南薫氏も「システム管理経験のない社員でも、Salesforceの基本機能とAppExchangeを活用し、顧客エンゲージメントの強化やデータ駆動型の業務改善ができた」と語る。

 では、どのようなステップで、「Salesforce活用の文化」を社内に浸透させていったのだろうか。

事例を示してSalesforceのメリットを訴求

アクシスコンサルティング 南氏
アクシスコンサルティング 南氏

 アクシスがSalesforceを導入したのは2016年。それまでは人材紹介に特化したシステムを利用していたが、顧客を中長期的にフォローする機能がないとの理由から、Salesforceの導入を決めた。南氏は「Salesforceを導入してから4年半が経過したが、現在は顧客情報を(単発イベントがあった時だけ記録する)“点”から、時間を軸とした“線”で記録できるようになった」と語る。

 また、Salesforceに備わるレポートやダッシュボードを利用し、さまざまなデータを可視化することでPDCAサイクルを素早く回すことができるようになったという。さらに他システムとの連携で、会社全体の業務効率化も実現している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2164文字 ログインして続きを読んでください。

「CRM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]