PC VAIO

VAIO、2020年秋冬モデルPC--12.5、14、15.6型を強化、法人向けは約1年ぶり

VAIOがPCの2020年秋冬モデルを発表。法人向けにはテレワークを見据えた新機能を加え、15.6型はカラー、ディスプレイなどを選べるようにしている。

 PCメーカーのVAIO(長野県安曇野市)は10月1日、ノートPCの2020年秋冬新モデルを発表した。個人向けの12.5型ワイド「SX12」、14型ワイド「SX14」、法人向けの12.5型ワイド「Pro PJ」、14型ワイド「Pro PK」の4モデルをアップデート。在宅勤務が定常化、テレワークニーズが向上する働き方に対応するという。同日から受注などを順次開始する。

 また、15.6型の個人向け「S15」、法人向け「Pro PH」はディスプレイ、カラーといった選択肢を拡充。10月21日から受注などを順次開始する。

グラフィック性能を強化したSX12、SX14

  2020年1月モデルのアップデートとなったSX12、SX14では、10nmの第10世代CPU「Ice Lake」となる「Core i7-1065G7」を選択可能。グラフィック性能が高い統合型GPU(Graphics Processing Unit)「Iris graphics」を搭載しており、ウェブ会議の動作がスムーズになるという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2691文字 ログインして続きを読んでください。

「PC」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]