RPA

RPA、2021年には売上高19%増--新型コロナよる経済的圧力にもかかわらず成長

ガートナーの予測によると、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ソフトウェアの売上高は、2021年には前年比19%増になる見通しだという。

 新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにもかかわらず、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ソフトウェアの成長は鈍化していない。Gartnerの予測によると、RPAソフトウェアの売上高は2020年に15億8000万ドルを記録し、2021年には前年比19%増の20億ドル近くになる見通しだという。

 RPAでは、単純なソフトウェアボットを使用して、文字起こし、さまざまなプラットフォームのデータの更新、請求書の作成などの日常的なタスクを実行する。RPAボットは通常、人間によって訓練された後、訓練者から教えられたプロセスを最小限の人間の介入で繰り返し実行する。

 Gartnerは、RPA業界の売上高の増加だけでなく、それに伴って価格が低下することも予想している。「RPAの平均価格は2020年を通して10%~15%下落し、2021年と2022年には年間5%~10%低下する見通しだ。これにより、強い価格下落圧力が生じるだろう」(同社)。価格が下落すれば、2021年に予想される19%の売上高増加は、その数字が与える印象よりもさらに大きなものになるだろう。Gartnerは、大規模な組織の90%が2022年までに何らかの形でRPAを採用するとも予想している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1300文字 ログインして続きを読んでください。

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]