文書・コンテンツ アドビ システムズ(disital experience)

モバイルでのPDFの読みづらさを解消--「Liquid Mode」から見えるアドビの狙い

「Adobe Acrobat Reader」モバイル版アプリの機能「Liquid Mode」は、AI技術「Adobe Sensei」でPDF内の見出しや章、段落、図表や本文を適切にタグ付けし、モバイルデバイスの画面に最適化する。

 アドビは9月29日、記者向けオンライン説明会を開催。モバイルデバイスでのPDFの閲覧環境を人工知能(AI)で最適化する機能「Liquid Mode(リキッドモード)」を解説した。

 米国本社が米国時間9月23日に発表したPDFの可読性を高めるLiquid Modeは、「Adobe Acrobat Reader」モバイル版アプリの機能であり、同社のAI技術「Adobe Sensei」でPDF内の見出しや章、段落、図表や本文を適切にタグ付けし、モバイルデバイスの画面に最適化する。

 同日時点では、英語に代表されるシングルバイトのみ対応し、日本語は未対応。日本法人マーケティング本部 デジタルメディア ビジネスマーケティング 執行役員 北川和彦氏は「スケジュールは未定だが、2021年中には対応したい」と説明する。

 Adobeが8月10~21日に日本のビジネスパーソン1007人を対象にした調査によれば、モバイルデバイスでの文書閲覧時の平均ページ数は、大半を占める49%が5ページ以下。文書閲覧時の不満としては「表示領域が狭い(54%)」「拡大縮小が面倒(42%)」「アップロード・ダウンロードに時間がかかる(33%)」といった声が集まったという。

 同様の調査は9月に米国でも実施し、米国人の65%がフラストレーションを感じているそうだ。この課題を解決するのがLiquid Modeだとアドビは説明する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1258文字 ログインして続きを読んでください。

「文書・コンテンツ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]