PaaS サイボウズ

「kintone」導入で業務改善--Excelや紙のFAXをやめた地域密着型リフォーム会社

デジタルトランスフォーメーション(DX)がトレンドだが、中小企業には、大企業が大きなシステム開発をするのと同じようなことをする余裕はない。しかし、これまで通り紙や「Excel」を運用していては生き残ることは難しい。「kintone」を導入して業務効率を改善した地域密着型リフォーム会社の事例を紹介する。

 世界的な開発者不足を背景に、プログラミング開発なしに、業務システムを構築できるサービスが続々と登場している。中でもプログラミング未経験の人でも簡単に業務改善アプリを作れるのがサイボウズの「kintone」。月額1500円/ユーザーで導入できる手軽さと、大企業の業務システムにも使われる信頼性、柔軟性が特徴で、1万社以上が利用しているクラウドサービスだ。

 kintoneは業務を熟知している現場の人間が自分でシステムを構築できるので、スピーディーかつ過不足のない開発が行える。開発と言っても、ウェブページ上でパーツを配置するだけと操作は簡単。ITに関わりがなさそうな業界でも活用され、めざましい効果を上げている企業は多い。

 今回は、東京都のリフォーム会社が、「Microsoft Access」と「Excel」で運用していたシステムをkintoneに切り替え、自分たちでブラッシュアップすることで大きな業務改善を実現した事例を紹介しよう。

kintone(サイボウズ)のウェブサイト
kintone(サイボウズ)のウェブサイト
キャプチャ:筆者

課題は複数システムへの重複入力やテレワーク対応

 今回、お話を伺ったのは家づくり代理人(東京都世田谷区)の代表取締役 神田雅弘氏と奥様の神田奈緒美氏。ママリフォームという屋号で、住宅のリフォームサービスを提供している。世田谷区赤堤から、自転車15分圏内の地域密着スタイルが特徴だ。

 以前は家を建てる時のサポート業務を手がけていたのだが、新築する人よりもリフォームする人が増えたため、10年ほど前からリフォームをメインにするようになったという。

 ママリフォームでは神田奈緒美氏の女性目線・主婦目線からのアドバイスをすることで、顧客に寄り添って悩み事を解決している。従業員は2020年入社した正社員1人と、パートが3人ほどいるという。

ママリフォームのウェブサイト
ママリフォームのウェブサイト
キャプチャ:筆者

 同社では、20年前から「FileMaker Pro」というデータベースソフトを使っていた。今で言う、ローコードツールの1つだ。当時、「1to1マーケティング」と呼ばれる顧客1人1人に対してマーケティングを行うという考え方が流行っており、顧客管理をするために導入した。

 長らくFileMaker Proを使っていたがシステムが古くなったため、6年ほど前にMicrosoftのデータベースソフトAccessに移行した。

 「2018年12月に入ってくれたパートさんの旦那さんがITに詳しかったので、うちのシステムを見てもらいました。そうしたら、こんな古いシステムを使っていたら発展しませんよ、と言われたんです」と神田雅弘氏。

「PaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]