標的型攻撃対策 ウイルス対策

ベトナム軍も暗躍、スマホも狙う--複雑化するサイバー攻撃の危険性

クラウドストライクがまとめた2020年上半期のレポートによると、ベトナム軍が背後にいるとみられる攻撃が活発になっているという。また、スマートフォンを狙った攻撃も広がっているという。

 クラウドストライクは9月24日、脅威データをまとめたレポート「Insights from the CrowdStrike OverWatch Team」を公開した。米本社CrowdStrikeで脅威を探索するFalcon OverWatchのデータをまとめたものであり、IntelligenceチームとServicesチームの協力のもと2020年の上半期の傾向などを解説している。

 コロナ禍におけるサイバー攻撃の増加について、各セキュリティ企業は警鐘を鳴らしているが、日本法人クラウドストライク ジャパン・カントリー・マネージャー 河合哲也氏は「攻撃者の意図やツール、テクニックを知ることで守備側も対策を講じられる。現実社会で起きている特殊詐欺被害のように犯罪者の手口を知るのが第一歩」だと、レポートを通じてサイバー犯罪の状況を把握することの重要性を提言した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2735文字 ログインして続きを読んでください。

「標的型攻撃対策」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]