オフィスソフト

「Excel」のドロップダウンリスト--別のシートから簡単に作成するには

「Excel」のドロップダウンリストの実際のデータは、ドロップダウンと別のシートにあることが多い。ここでは、1回のクリックでリストの元の値を確認する方法を紹介する。

 「Excel」のドロップダウンリストで使用したいデータは、ドロップダウンと同じシートにないことが多い。幸い、別のシートのリストを選択するには、もう1回クリックして、そのシートにアクセスするだけでいい。本記事ではその手順を説明する(作業用のデータは自分で用意してもいいし、デモ用の.xlsxまたは.xlsファイルをダウンロードしてもいい)。

  • シートが1つしかない場合は、新しいシートを追加する。(デモ用ファイルでは「Different sheet」。)
  • 新しいシートでE4を選択し、ドロップダウン作成について説明した米TechRepublic記事のステップ4(「データ」メニューの「入力規則」から「入力規則...」を選び、「許可」で「リスト」を指定)までを実行する。
  • 元の値を選択するステップ5まで来たら、「元の値」コントロール内をクリックする。
  • デモ用ファイルの場合は「Lists」シートタブを、他のファイルの場合はリスト項目を含むタブをクリックする。
  • リスト(A1:A4)を選択する。
  • 「OK」をクリックすると、新しいシートに戻る。E4に入力済みのリストが表示されるはずだ(図A)。

図A

追加で1回クリックしてシートを選択するだけで、別のシートにあるリスト項目を簡単に表示することができる。
追加で1回クリックしてシートを選択するだけで、別のシートにあるリスト項目を簡単に表示することができる。
提供:AndreyPopov, Getty Images/iStockphoto
提供:AndreyPopov, Getty Images/iStockphoto

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]