DWH ETL EAI/ESB データ分析 クニエ

デジタルビジネスの成否を分ける--求められる全社視点のデータデザイン

データを統合するにあたり、留意すべき事項としてはどういったものがあるだろうか。クニエでデータマネジメント/データガバナンスを担当する小林氏がデザインする際の考え方、具体的な方法などを解説する。

 前回は、データアーキテクチャの考え方について述べた。今回は、その中身の設計、データのデザインについて解説する。

データ活用に欠かせないデータ統合

 デジタル経済の発展により、さまざまな形でヒトやモノがデータでつながるビジネスエコシステムが形成されつつある。データ流通は企業内でとどまらず、企業間や個人との間で行われるようになった。また、実世界(フィジカル空間)で生み出されたIoTデータや実績データを、サイバー空間でデータ分析し活用する「サイバー空間とフィジカル空間の融合」を実現し、新たな価値を創出する活動が進んでいる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2786文字 ログインして続きを読んでください。

「DWH」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]