人事・労務

在宅勤務を希望する割合が米国で減少--労働環境の選択に影響するのはメンタルヘルス

IBM Institute for Business Value(IBV)の調査によると、リモートワークを少なくとも時折は続けたいと8月に回答した米国人の割合は、7月に比べて低下したという。

 在宅勤務疲れの発生が調査によって明らかになった。IBMのInstitute for Business Value(IBV)が世界の消費者を対象に継続的に実施している調査で、リモートワークを少なくとも時折は続けたいと答えた米国人の割合は、7月の時点で80%以上だったが、8月には67%まで低下した。

 調査によると、主にリモートで働きたいと答えた回答者はわずか50%だったという(7月から15ポイント減)。

 米国では、28%が完全なリモートワークの継続を希望しているのに対し、22%はリモートワークを続けつつ、職場を時折訪れたいと答えた。調査によると、17%は職場に復帰して、リモートワークの機会を時折与えてほしいと考えており、14%は完全に職場に復帰したいと答えたという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1789文字 ログインして続きを読んでください。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]