マーケティング 電通

電通の新サービスにみる「マーケティングDX」のススメ

本連載では、筆者が「気になるIT」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回は、電通と電通デジタルの「Dentsu Digital Transformation診断」を取り上げる。

 本連載では、筆者が「気になるIT(技術・製品・サービス)」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回は、電通と電通デジタルが提供する「Dentsu Digital Transformation診断」サービスを取り上げる。

マーケティングDXの推進を加速化し支援へ

 電通と電通デジタルは先頃、生活者を中心としたマーケティングDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進を支援する「Dentsu Digital Transformation診断」サービスの提供を開始すると発表した。

 新サービスは、DXを推進する企業に対して事業全体のDXに関する課題を抽出、数値化。市場内での自社の相対的なポジションを把握し、マーケティングDXに関する課題に沿ったソリューションを診断結果に基づいて提案することにより、マーケティングDXの推進を加速化、支援するものだ。

 なお、電通と電通デジタルでは、DXについて「デジタルを活用して、ビジネスモデル、マーケティングプロセス、組織を変革し、競争上の優位性を確立する活動」と定義している。また、デジタルは「デジタルデバイスやデジタルテクノロジー、システム、デジタルメディア、デジタルデータを総称したもの」と位置付けている。

 加えて、マーケティングDXとは「生活者を中心に捉え、デジタルを活用した新たな顧客体験の創造を通じた事業、マーケティング活動の変革」を指すとしている。

 具体的なサービス内容は、「顧客体験」「システム」「データ、人材」「組織、業務」の4領域での各種ヒアリングを通じて、3視点(ビジョン、顧客志向性、DX進捗度)で偏差値化を行い、DX課題と生活者インサイトを結び付ける形で、マーケティングDXの具体的な課題解決ソリューションを提案していく形だ。(図1図2図3

図3:診断結果報告レポート例(出典:電通デジタル) 図3:診断結果報告レポート例(出典:電通デジタル)
※クリックすると拡大画像が見られます

 電通と電通デジタルは、これまで企業のソリューションパートナーとして生活者のインサイトを捉え、企業の課題解決に取り組んできた。この知見を生かし、今後もDX領域において顧客企業と生活者のインサイトを結びつけたソリューションを提供し、より多くの企業のマーケティングDX推進を支援していく構えだ。

「マーケティング」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]