バックアップ ウイルス対策 フィルタリング Acronis AG(アクロニス・ジャパン)

アクロニス、企業向けバックアップソフト新版--上位版でマルウェア対策を統合

アクロニス・ジャパンは、オンプレミスの企業向けバックアップソフトウェア「Acronis Cyber Backup 15」と、上位版となるマルウェア対策保護やエンドポイント管理ツールを統合した「Acronis Cyber Protect 15」の提供を開始した。

 アクロニス・ジャパンは9月10日、オンプレミスの企業向けバックアップソフトウェア「Acronis Cyber Backup 15」と、上位版となるマルウェア対策保護やエンドポイント管理ツールを統合した「Acronis Cyber Protect 15」を発表した。同日から提供を開始した。

 代表取締役 嘉規邦伸氏はCyber Protect 15について「バックアップのみならず、必要なセキュリティ機能を具備したスイート製品。5月にリリースしたCyber Cloud 9.0、8月にリリースしたTrue Image 2021、そしてCyber Protect 15を通じて、個人から大企業、クラウドからオンプレミスまで、すべての顧客にソリューションの提供が可能になった」と述べた。

アクロニス・ジャパン 代表取締役 嘉規邦伸氏
アクロニス・ジャパン 代表取締役 嘉規邦伸氏

 アクロニス・ジャパンはコロナ禍のセキュリティ対策として、2つの懸念を持っている。異なるベンダーのセキュリティ製品とバックアップ製品を導入している場合、障害発生時は当然ながら異なる動作を行い、復元対象となるデータの選択を妨害してしまう。また、サイバー攻撃の高度化に伴い、バックアップデータやバックアップアプリケーションを攻撃対象とするケースが散見されるようになった。

 その結果として復元時にバックアップデータが利用できなければ、当然ながらビジネスの継続性に悪影響を及ぼす。このような観点から開発されたCyber Backup 15とCyber Protect 15は、いずれもセキュリティ機能の強化を図っている。

 Cyber Backup 12.5でも提供していたセキュリティ対策機能を人工知能(AI)や機械学習で強化し、Cyber Backup 15ではマルウェアやランサムウェア、仮想通貨獲得を目的としたクリプトジャッキングに拡大。Cyber Protect 15は加えて、ゼロデイ攻撃を阻止するAIベースの振る舞い検知やURLフィルタリング、脆弱性評価、オンライン会議の保護、アプリケーションに対する更新プログラム管理の自動化といった機能を統合している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1131文字 ログインして続きを読んでください。

「バックアップ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]