ウェアラブル コミュニケーション

Dynabook、現場作業向けコラボツール強化--「Microsoft Teams」に対応

Dynabookがエッジコンピューター「dynaEdge DE100」とウェアラブルデバイス「AR100」を対象にしたサービス「Vision DE Suite」の新版を発表。「Microsoft Teams」を活用できる。

 PCベンダーのDynabook(江東区)は9月11日、モバイルエッジコンピューティングデバイス「dynaEdge DE100」、メガネ型ウェアラブルデバイス「AR100」向け作業支援サービスの新版「Vision DE Suite バージョン3.3」を発表した。新たにコミュニケーションツール「Microsoft Teams」に対応。9月11日から受注を開始する。

dynaEdge DE100、AR100(出典:Dynabook) dynaEdge DE100、AR100(出典:Dynabook)
※クリックすると拡大画像が見られます

 Teamsの連絡先リスト表示のほか、音声呼び出しやビデオ通話への応答、複数作業者間でのライブ映像配信といったTeamsの機能を活用できる。

 コミュニケーションバーを活用し、DE100の5ボタンキー、AR100のタッチパッド、コントロールボタンなどから片手、手袋をしたままでも操作できるという。スピーディーな情報共有、現場作業の生産性向上を促進するとしている。

コミュニケーションバーで操作できる(出典:Dynabook)
コミュニケーションバーで操作できる(出典:Dynabook)

 Vision DE Suiteは、テキスト、画像、動画や遠隔からの指示などで現場作業を支援できるサービス。「Windows 10 Pro 64ビット」「Windows 10 IoT Enterprise (2016 LTSB)」に対応。Teamsのほか、「Skype for Business」も活用できる。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「ウェアラブル」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]